「起業したいけどアイデアがない」へのベストアンサーはこれ!

この記事で解決できる疑問や悩み!


  • 起業したい!でも良いアイデアが思い浮かばない
  • 起業で成功した人はどうやってアイデアを出したの?
  • 良いアイデアを出す方法を知りたい!
日本では現在、起業が身近な存在となってきています。
東京商工リサーチの調査によると、2021年の新設法人は14万社、前年比10%増で過去最高を記録。その要因として、個人の法人化や独立の活発が挙げられています。

 

しかし「起業したいけどアイデアがない」という声がQ&Aサイトをはじめ、少なくありません。

起業未経験者がひとり成功するビジネスアイデアをいきなり出そうとしても難しいでしょう。

 

では「起業したいけどアイデアがない」場合にはどんな選択肢があり、何がベストアンサーなのでしょうか?

 

このtotolaboの記事では、起業テーマの発想法から取るべき具体アクションまで詳しく解説していきます。さらに世の中に実在する成功した起業アイデアの実例も惜しみなく紹介します。

  • 起業テーマを発想する方法
  • ビジネスモデルを考える時にすべき行動
  • 起業のアイデア出しでよくある失敗事例
  • 実際に成功している起業アイデア集

この記事を読むと、起業したいけれどアイデアに困った人が取るべき思考とアクションをしっかり理解できます。

「起業したいけどアイデアがない」へのベストアンサーはこれ!

「起業したいけどアイデアがない」へのベストアンサーはこれ!

起業のアイデアを出すには、才能でも根性ではなく「方法論」をおさえるべきです。

 

そもそもアイデアが「空から突然ふってくる」なんて奇跡は99%起こり得ませんし、バットをやみくもに振っていてもホームランは出ません。

 

ここで言う方法論とは、一言で表すと「分ける」ということです。

 

起業アイデアとは「起業テーマ」×「ビジネスモデル」に要素を分けられます。
起業テーマ英語、ファッションデザイン、写真など題材
ビジネスモデル儲ける仕組み

 

つまり、「起業テーマ」×「ビジネスモデル」=起業アイデア ということ。

 

ととのえ
ちなみに2つを一緒くたにして考えると、ごっちゃになって前に進みません。
逆にいえば、これらを整理さえすればシンプルかつスムーズにアイデアをまとめられます。

 

先に結論をお伝えすると「整理」は次の2ステップで完了します。
  • ステップ1
    自分の好きなことや世の中のニーズからテーマを決める(起業テーマ)
  • ステップ2
    すでに存在するモデルを転用する(ビジネスモデル)
実は、たったこれだけです。
以上を前提として「起業テーマ」と「ビジネスモデル」をもう少し解説します。

 

ステップ1:起業アイデアがない人の方法論「起業テーマ」

起業テーマとは、起業で扱う素材であり、題材です。

 

たとえば、過去20年間で最も飛躍的な成功を収めたスタートアップ企業のAirbnbを事例にみてみましょう。
旅行者と民家をマッチングさせるサービスであるAirbnbの起業テーマは「民泊」です。

 

きっかけは創業者メンバーが「アパートの家賃が払えなくなるために自宅アパートのロフトを貸出しよう」と考えたこと。

(中略)その時に銀行にあったお金が1000ドル(日本円で10万円くらい)で、アパートの家賃が1150ドル。明らかに足りない。これが有名なAirbnbの発想につながる自宅アパートのロフト貸出しにつながるわけです。

出典:Airbnbの誕生と成長|借金から3兆円企業への道

 

こうして「民泊」テーマと「マッチングモデル」の掛け合わせによってイノベーションが生まれました。

 

ととのえ
起業テーマはイメージしやすいので、次にビジネスモデルについて見ていきましょう。

 

ステップ2:起業アイデアがない人の方法論「ビジネスモデル」

ビジネスモデルとは儲ける仕組み、文字通り「ビジネス(商売)」の「モデル(体系)」を表します。

 

具体例があった方がわかりやすいので、有名企業のサービスをビジネスモデルの観点から眺めてみましょう。

ビジネスモデル事例

  • サブスクリプションモデル:Netflix
  • フランチャイズモデル:マクドナルド
  • ハイライセンスモデル:ディズニーのキャラクターIP
  • マッチングモデル:Airbnb

 

世界を代表する企業を中心に紹介しましたが、起業アイデアは普遍的です。
実業家の与沢翼さんが方法論としてまさに同じアプローチを動画で語っています。
起業したいけどやりたいことが分からない人へ

 

与沢翼さんはアパレルという起業テーマに「価格.com」のモデルを転用しました。
  • 起業テーマ:アパレル
  • ビジネスモデル:「価格.com」型の手数料・広告モデル
こうして生まれた起業アイデアが「ブランドサーチ」というサービス(現在は存在していません)。

 

「価格.com」を手がけるカカクコム社は、「食」の食べログをはじめとした自社サービスにビジネスモデルを転用しています。
このように「起業テーマ」と「ビジネスモデル」で分けてアプローチするのが有効です。
ととのえ
企業がどのように成功を収めているのかといった分析にも役立ちます。

 

目次へ戻る

起業したいけどアイデアがない人が「起業テーマを発想する2つの方法」

起業したいけどアイデアがない人が「起業テーマを発想する2つの方法」

ここからは具体的にアイデアがない人が起業テーマを発想するための方法を紹介します。
  1. 自分の身の回りから起業アイデアを考える
  2. 世の中のニーズから起業アイデアを考える

それぞれみていきましょう。

 

方法①:自分の身の回りから起業アイデアを考える

まずは半径2メートルの身の回りのテーマから考えてみましょう。

 

というのも、起業アイデアを出すのに、いきなり壮大な理想を掲げるのもハードルが高いと感じませんか。

 

「自分ごと化」させるためには、自分の好き・得意なことや不満に感じているものから発想するのがベストです。

それぞれ解説します。

 

1. 好き・得意なこと

自分の好きなことや得意なことを起点に起業ができたら理想的ですよね。

しかし、こうした起業アイデアがビジネスとして実際に成功するのでしょうか?

 

わかりやすい好例は、EC物販でポジションを築いた「北欧、暮らしの道具店」を営むクラシコムです。

もともと創業者の兄妹は不動産事業で失敗し、最後の社員旅行で訪れた北欧ストックホルムでの家具買い付けが転機となります。

買うもののセレクトは、「暮らし」が大好きだった佐藤が担当。20代の頃に好きでとにかく雑誌や書籍で大量にインプットをしていたこと、インテリアの仕事に就いていたこと、オークションなどもよく見ていたことから売れ筋を見抜く目が養われていました。

 

こうして北欧のストックホルムでの家具買い付けをきっかけに、
「暮らし(北欧家具)テーマ」×「EC物販モデル」
この起業アイデアで北欧、暮らしの道具店をオープンさせました。

 

クラシコムは自らの好きと得意に向き合い、事業転換(ピボット)によって成功への道を切り拓きます。
ととのえ
成功企業に注目すると事業転換(ピボット)しているケースが多いです。
最初に完璧を求める必要はありません。

 

しかし、好きがわかっていても「自分の得意なことってなんだろう?」と疑問に感じる人もいると思います。
以下の記事で自分の分析・診断を紹介しているので、興味がある方はご覧ください。

 

2. 不満に思っていること

世の中のビジネスの本質は課題解決(不満の解消)。

「暑苦しいという不満を解消する手段がエアコン」といった具合です。

 

ととのえ

技術革新によって課題そのものが減ったと言われますが、いま生活していてあなたが思う不満はありませんか?

 

たとえば車移動したいと思ったときに「タクシーが全然つかまらない!」ような状況が挙げられます。

こうして日常で感じるタクシーへの不満を原体験として実際に創業したのがUberです。

 

今、この場で乗りたいのに、どんなに手をあげてもタクシーは止まってくれない――。カラニックは創業当時を振り返り、「僕とギャレットがUberを始めたときは、ちょうどタクシー業界崩壊のタイミングと重なっている」とコメントしている。「現在のタクシー業界は利用者のニーズに応えていない、ならば自分たちでつくってしまおう」という、いかにも米国の起業家らしいストーリーだ。

出典:Uber創業者が語る 「破壊」の先にあるゴール

創業のきっかけは、サンフランシスコであまりにもタクシーがつかまらないという実体験でした。
Uberは「移動」×「マッチングモデル」です。

 

ちなみに世の中の人が感じる不満は、強ければ強いほどお金を払う意思に直結します。
自分自身が「解決したい!」と思えるモチベーションにもなります。
  • 「これが不満だ」
  • 「解決したらもっとよくなるのに」
ととのえ
このように自分の身の回りや気持ちに目を向けてアイデアを出すのも有効です。

 

方法②:世の中のニーズから起業アイデアを考える

世界を見渡せばヒントが溢れています。
世の中でこれからくる技術やトレンドを押さえたり、海外の事例を日本に持ってきたりする方法もあります。

 

それぞれみてみましょう。

 

1. 世の中のニーズを読む
先に紹介したuberの「マッチングモデル」は通信やスマートフォンの普及環境が整ったことで実現しました。

 

同じようにスマートフォンの普及に目を付けた日本企業の代表的な事例がメルカリです。
メルカリは「モノのやりとり(フリマ)」×「マッチングモデル」です。
「これだ!」と思える発想は正直ありませんでした。しかし、その後旅から帰国して何より驚いたのは、スマートフォンの普及。旅に出る前は、ガラケーで赤外線通信をしてケータイメールしていたのに、帰国すると大学時代の友達がLINEでやりとりしていて。その光景を見て、僕が新興国で出会った人たちも、いずれスマホを持つ時代が来ると確信したんです。
ととのえ
技術革新のウェーブに上手に乗ることで、世の中に新たなニーズを作り出す起業アイデアにつながります。

 

2 .海外の事例を持ち込む
ゼロから生み出さなくても海外の先行事例を参考に日本に持ち込む方法もあります。

 

「タイムマシン経営」と呼ばれており、名付け親はソフトバンクの孫正義氏。
孫さんは、アメリカのインターネット事業の伸びを察知し、「Yahoo! JAPAN」として日本に持ち込みました。
ととのえ
2008年、ソフトバンクが最初iPhoneを独占販売したのもタイムマシン経営の一つのカタチ。

 

その他わかりやすい事業例としてクラウドファンディングもその一つです。

 

現在「CAMPFIRE」「Makuake」「READYFOR」など多くのサービスが生まれています。
クラウドファンディングのビジネスモデル自体は、アメリカで広がった後に日本へ持ち込まれました。
ととのえ
今後も技術革新や新しいサービスは世界中で生まれていきます。
世界のトレンドをチェックしてアンテナを張っておくことも必要ですね。

 

目次へ戻る

起業アイデアがない人が「ビジネスモデルを考える時にすべき3つの行動」

起業アイデアがない人が「ビジネスモデルを考える時にすべき3つの行動」

起業テーマの次にビジネスモデルを考えてみましょう。

 

重要なのは、すでに存在しているビジネスで上手く回っているモデルを転用することです。

実は、ゼロから新しいモデルを生み出す必要はありません。

 

というのもイノベーションの世界では「イノベーションとは既存と既存の掛け算」と言われています。

イノベーションかけ算
ととのえ
革新的なイノベーションを起こしたiPhoneでさえ、既存と既存の掛け合わせと言われています。

 

つまり、アイデアとはゼロからイチをつくるものではないのです。

 

だからこそ、起業アイデアを推進させるには既存のビジネスモデルについて精通している人に相談するのが一番です。
そのために以下3つのアクションが有効です。
  1. 起業経験がある人に相談する
  2. 起業実績豊富なスクールに通う
  3. ビジネスコンテストに参加する
それぞれ解説します。

 

①起業経験がある人に相談する

あなたの知人に起業経験のある人がいれば、話を聞かせてもらうのも一つの方法です。

どのようなテーマやモデルを選び、どんなステップで事業を興して現在まで至っているのか。

起業は人の数だけパターンがありますし、学びがあるでしょう。

 

さらに起業家は、事業領域の知識はもちろん、ネットワーキングの人脈や生の情報も持っていることが多い。

ネットで検索しても知り得ない情報を聞けますし、モチベーションアップに寄与します。

 

ととのえ
相談相手にとっても有意義な時間にするために事前に質問は練っておきましょう。

 

参考

40代-50代の方であれば、ライフシフトラボを使えば複業について相談をすることができます。セカンドキャリアに向けて、強みや経験を活かしたビジネスの立ち上げを支援をしてくれるサービスです。

関連記事ライフシフトラボの評判口コミを実際に体験して確認!受講料・料金も含めて徹底解説

 

 

②起業実績豊富なスクールに通う

起業スクールであれば、必要な知識やスキルがわかるので効果的にインプットできます。

 

さらに重要なのは、ただ学ぶだけではなくて実践できるかどうか。

なぜなら起業の場合、行動に移さなければ勉強のための勉強で終わってしまうからです。

 

何より起業未経験者がひとりでビジネスモデルを固めるのはむずかしい。

したがって起業実績が豊富で「実践」に強いスクールで学ぶのがベスト。

 

ちなみに3か月間で起業アイデアと経営スキルの構築を事業検証しながら学べるのが「WILLFU(ウィルフ)」です。

 

ととのえ
リクルートやサイバーエージェントの新規事業創出ノウハウをベースにしていて、受講生全員が3ヶ月で黒字化しているという実績があります。失敗せずに最短を目指すならおすすめです。
下記の記事で紹介しているので周りに起業家の知人がいない人は読んでおきましょう。

 

ちなみに、起業スクールについては、存在するものを全て調べ上げて評価したうえで、ランキングにまとめたので、以下もご覧ください。

 

③ビジネスコンテストに参加する

一般公開されているビジネスコンテストがあれば飛び込んで参加するのも一つの方法です。

 

ビジネスコンテストは人に伝える機会を強制的につくれるので、アイデアのブラッシュアップにつながります。

さらに受賞すれば直接事業の推進にあたってサポートを受けられる可能性もあります。

 

また、ビジネスコンテストにはビジネス上の人脈をつくるネットワーキングの機能も持っています。

 

ととのえ
自分の顔を売る場ですからね。同志やメンター、事業の協力者と出会えるチャンスです。
興味がある方はチャレンジを検討してみはいかがでしょうか。

 

 

【要注意】起業アイデアがない時にやってはいけないよくある失敗事例

【要注意】起業アイデアがない時にやってはいけないよくある失敗事例

もっとも避けるべきは「ひとりで起業アイデアを考える」ことです。

未経験者が自分の経験や勘に頼って考えると非効率で遠回りになるからです。

 

  • 自分だけで考えてしまっている
  • ゼロイチでアイデアを発明しようとする
  • 100%のアイデアを求めている
上記のように考えていたら要注意です。

 

ととのえ
先に紹介したビジネスモデルを考える時にすべき3つの行動を参照し、自分ひとりで抱えずにいきましょう。

 

目次へ戻る

起業したいけどアイデアがない人に役立つ起業アイデア5選(実際の成功例)

起業したいけどアイデアがない人に役立つ起業アイデア5選(実際の成功例)

これまで「起業テーマ」と「ビジネスモデル」について解説しました。

ここからは、起業した人の成功例をみていきましょう。

 

①物×EC物販コンサルティング(得意)
3ヶ月の受講を通じ、自身の強みに基づいたECコンサル事業を新規事業として立ち上げ、卒業翌月には月商100万円へと成長。
ととのえ
この方はもともと楽天に勤めていて、物販を扱ってきた自分の得意分野を活かして成果を上げた事例です。

 

②補助金獲得×営業推進(得意)
結果、卒業翌月までで、100万円の受注を確定。さらに、年度末までの7000万円の期待売上まで見通しを実現した。
立ち上げた事業は、補助金の獲得支援サービスでした。過去の業務経験もあり、事業計画書作成に関する自身の強みもあり、収益構造もシンプルで分かりやすい事業。
ととのえ
この方は三井物産で新規事業開発を担っており、事業計画作成が強み。先ほど同様で得意を活かした事例です。

 

③サプリ×EC販売(課題解決)
受講中に、独自ブランドのサプリメントを立ち上げ、DtoCネット通販を開始。
ふと、自分が飲んでいた「モリンガ」というサプリを思い出しました。元々、睡眠障害で悩んでいた私は、友人の勧めでモリンガを飲み始めていたのですが、それからめちゃくちゃ寝られるようになっていたのです。
ととのえ
この方は自分の睡眠障害という課題を解決してくれたサプリを、自らつくって価値提供しようと販売するに至りました。

 

④釣り×スクール事業(好き)
受講後、趣味の釣りを活かした釣りスクールを立ち上げ、1ヶ月30万円ほどの収益に成長。
会社で働きながらの起業で忙しいものの、好きだから続けられる事業に。
ととのえ
趣味の釣りの「好き」×スクール事業で「教える」を掛け合わせたシンプルな事例です。

 

⑤建築領域×インターネット広告(既存の成功モデル)
インターネット広告に関する事業に取り組む方が一定数いることに気づきました。広告もネットも、私自身は何の経験もありませんでしたが、大学生起業家でもできている事業領域であれば、自分でもできるのではと思い、その領域で挑戦することに決めました。
ととのえ
建築・建設領域で強みのあったこの方は、他の方が成功しているビジネスモデル=インターネット広告に目を付けました。すぐに実践をして成果を出しています。

 

他にも事例を見たい場合は「こちら(WILLFU公式サイト)」に掲載されています。

スタート地点では誰も同じ、勇気をもらえますし起業したくなってきます。

 

起業したいけどアイデアがない人の疑問に全て回答

起業したいけどアイデアがない人の疑問に全て回答

起業に関するよくある質問をまとめます。

Q. アイデア発想のフレームワークが知りたい

起業アイデアを発想する代表的なフレームワークは下記の3つです。
  • KJ法
  • オズボーンのチェックリスト
  • ブレインストーミング(ブレスト)
詳しく知りたい方は下記で紹介されています。

 

Q. 起業をしたいけどお金がない

起業時では資金調達方法として返済不要の補助金・助成金を活用できます。
興味がある方はこちらに目を通しましょう。

 

でも、補助金の受給には、補助金ごとの募集要件を満たしたうえで応募し、審査の通過が必要です。
ととのえ
起業アイデアを実行に移す事業計画が固まっているのはもちろん、時間をかけすぎて起業が目的化しないよう気をつけましょう。

 

Q. 起業をしたいけどスキルがない

スキルがなくても起業することはできます。

「スキルをしっかり身につけてから起業」ではなく、「スキルを身につけながら起業」という発想で考えるのが大切です。

以下の記事で、スキルなしの起業を成功に導くポイントや、実践しやすい起業アイデアも具体例を交えて解説しているので、合わせてご覧ください。

関連記事「起業したいけどスキルがない」へのベストアンサー!

 

40代でセカンドキャリアも見据えて起業したいけど、スキルに自信がない…という方は、こちらの記事に成功の秘訣を詳しく解説しています。

関連記事【40代スキルなしで起業】成功の秘訣はこの3つ(成功例も含めて徹底解説)

 

Q. 起業をしたいけど何をしたらいいかわからない

起業を目指す初期段階ではまず「意志」がもっとも重要となります。

数々の起業サポートを手掛けてきた守屋実氏の『起業は意志が10割』に次のような図解があります。
起業は意志が10割引用
つまり、まず意志を固める必要があり、意志は行動しない限り生まれません。

 

起業家は行動しながら意志(Will)を育てています。そうすると起業アイデアも洗練されていきます。
ととのえ
まずは本記事で解説したビジネスモデルを考える時にすべき3つの行動から始めてみましょう。

 

目次へ戻る

まとめ:起業アイデアは方法論をおさえてから行動しよう!

起業で成功している人の多くは、最初に思いついたアイデアではなく事業転換(ピボット)しているケースが多いです。

逆に、起業3ヶ月間アイデアを練っても思いつかなければ、それ以上時間をかけても構想ができあがらないと言われています。

 

つまり、あれこれひとり考えるよりも行動が大事です。

行動してから初めて見えてくる景色もあります。

 

そのためにはまず記事で解説したビジネスモデルを考える時にすべき3つの行動を参考にアクションしましょう。

思い立った日に行動できるかがポイントです。

 

目次へ戻る

 

関連記事

この記事で解決できる疑問! 起業スキルを学べるスクールや塾、セミナーってどれがおすすめなの? 怪しくないものだけ知りたい!  失敗しないために注意点やポイントがあれば知りたい! […]

起業スクール/経営塾・セミナーおすすめを厳選紹介!全24種を徹底分析しランキング化(怪しいものなし)
関連記事

この記事で解決できる疑問  WILLFU(ウィルフ)ってどんなスクールなの?値段は? WILLFUを実際に受けた人の評判や実績を知りたい 怪しいっていう噂も耳にするけど大丈夫?受講期間中[…]

怪しいって本当?WILLFU(ウィルフ)の評判や値段を詳しく解説
関連記事

この記事で解決できる悩み! キャッシュエンジンを実際に利用した人の口コミを知りたい! キャッシュエンジンの料金って実際どう?高い? どんな人にキャッシュエンジンはおすすめなの?1対1の手[…]

CashEngin(キャッシュエンジン)の評判や口コミは本当?実際に受けて確かめてみた