テレワーク(在宅勤務)時代の生産性アップに必要な3つのスキルとは

「テレワーク(在宅勤務)時代に、高い生産性を上げるには、どんなスキルが必要なんだろうか…」

 

こんな疑問を解決する記事を書きました。

 

この記事では、

組織/個人の両面の視点に基づいて、

  • 『テレワーク(在宅勤務)で起きた仕事の変化』
  • 『生産性を高めるために必要なスキル』

という2点を解説します。

 

この記事を読むと、

  • テレワーク(在宅勤務)に必要なスキルが分かり、生産性を上げて周りに差を付けることができるようになります。

 

この記事を書いた人
ととのえ
大手企業とベンチャー合わせて10年以上人事に携わるヒト領域のプロ。大手企業5社と+大学とテレワークの生産性について産学連携で研究。仕事を圧倒的に効率化し働きながらMBA(経営学修士)を取得。
Twitterをフォローする

テレワーク(在宅勤務)時代の生産性アップに必要な3つのスキル

テレワーク時代に必要な3つのスキル
まずはじめに、結論からお伝えします。

 

テレワーク(在宅勤務)時代に生産性を上げるために必要なスキルは次の3つです。
  • 組織のハブになる力
  • 情報や考えを言語化して正しく伝える力
  • セルフマネジメント力

 

この3つについて、

  1. 必要性が高まった背景
  2. 3つのスキルの詳細

の順に詳しく解説します。

 

 

テレワーク(在宅勤務)によって起こった変化

テレワークによって起こった変化

まず、3つのスキルの必要性が高まった背景について、すなわち「テレワーク(在宅勤務)で起こった仕事の変化」の説明をします。

 

仕事は、「組織」「個人」の2つの側面があるので、両方の視点で解説します。

 

 

テレワーク(在宅勤務)で「組織に起きた変化」

組織の視点で起きた一番の変化は、「チームの”一体感”と”協力体制”の欠如」です。

 

チームの”一体感”の欠如

チームの一体感を高めるには「体験の共有」が必要です。

 

部活をイメージすると分かりますが、辛い練習を共に乗り越えると自然と一体感が高まりますよね。あれは同じ場所で体験を共にしたからなんです。

 

ととのえ
仕事も同じで、苦労がありながらも同じ場所で頑張りを共有していると一体感が生まれます。

 

でも、リモートだと体験の共有をする機会が圧倒的に減っていますよね。
同時に一体感もじわじわと失われています。

 

チームの”協力体制”の欠如

チームの協力体制を強固にするには、「情報の共有」が重要と言われています。
なぜなら、仕事を助けるという行為は、相手の状況が分かってはじめてできるからです。

 

これまで、出社して同じオフィスで働いていれば、目や耳から色んな情報が自動的に入ってきました。

 

例えば、前の机で同僚が得意先にひどく怒られていたり、上司が部長から呼ばれて緊急案件の対応を頼まれていたりと。
実は、オフィスにいるだけでかなりの情報が自動的に入ってきていたんです。

 

ととのえ
それによって、周りの状況を瞬時に察知して必要な動きを取れていたと思います。

 

でも、リモートだとこういった情報は、誰かが打ち合わせやチャットの場で共有しない限り周りの人は知り得ません。
つまり、協力体制が確実に欠如しやすい環境ということです。

 

 

テレワーク(在宅勤務)で「個人に起きた変化」

個人に起きた変化は大きく2つあります。
  • 非言語情報の欠落
  • パフォーマンスが自分に委ねられる

 

非言語情報の欠落

人のコミュニケーションのほとんどは、言語情報以外の情報でやり取りされています。

 

[メラビアンの法則]人のコミュニケーションの構成要素を割合で表したもの

  • 言語情報(話の内容など):7%
  • 聴覚情報(声のトーンや話の早さなど):38%
  • 視覚情報(見た目など):55%

 

テレワーク(在宅勤務)って、メールやチャット、WEB会議がコミュニケーションの柱ですよね。

 

ととのえ
カメラがあればある程度表情を見て話しをすることができますが、資料投影をすることも多いので、視覚情報はかなり少なくなっています。

 

こうした非言語情報の欠落によって、認識の相違などのミスコミュニケーションが起きやすくなっています。

 

パフォーマンスが自分に委ねられる

会社では、常に誰かの視線があるので、良い意味で背筋が伸びていたと思います。

 

でも、自宅で一人となると、モチベーションが低い時はだらけたくなりますよね。

 

よくあるのが、一度だらけるとどんどんだらける時間が長くなってくるということです。

 

つまり、自律できる人とそうでない人との間に、仕事のパフォーマンス差が生まれやすいということです。

 

 

テレワーク(在宅勤務)時代に必要な3つのスキル

テレワーク時代に必要な3つのスキル
ここまでの、背景を踏まえて、テレワーク(在宅勤務)で必要性が高まっている3つのスキルを解説します。
  • 組織のハブになる力
  • 情報や考えを言語化して正しく伝える力
  • セルフマネジメント力

 

 

組織のハブになる力

チームの一体感や協力体制が欠如する状況において、チームメンバーを繋ぐハブとしての機能を担える人はすごく重宝されます。

 

具体的には2つのアクションができる人です。

  • チーム内コミュニケーションの仕組みを作る
  • チーム内の状況を感度よくキャッチし必要な人に伝える

 

チーム内コミュニケーションの仕組みを作る

例えば、次の様な取り組みです。

  • TeamsやSlackの上手な活用方法をまとめてチーム内に共有する
  • 雑談専用のスレッドを立ち上げて盛り上げる
  • オンラインでの勉強会や飲み会を企画する

 

チーム内の状況を感度よくキャッチし必要な人に伝える

組織のリーダーは、チームメンバー全員に目配せ気配りを行うことは当然ですが、なかなか上手くいかないものです。

 

自分ならではの立場を踏まえて、メンバーの仕事の状況やモチベーションの状況を把握しながら、自分で解決ができなければ、しかるべき人に情報を共有することが大事です。

 

ちなみに、コミュニケーション不足は2つの工夫がすごく大事なのですが、その点について詳しく解説しました。

おすすめ記事

「テレワーク(在宅勤務)だとコミュニケーションがどうしても不足しがちになる…」「どうやってコミュニケーションを増やせばいいのか、工夫の仕方が分からない…」「テレワーク(在宅勤務)でもチームの活力を高めていきたい…」&[…]

テレワーク(在宅勤務)のコミュニケーション不足は2つの工夫で解決する

 

 

情報や考えを言語化して正しく伝える力

先ほど解説したとおり、非言語情報が失われてしまうので、代わりに言語情報が極めて大事になります。

 

具体的には2つのスキルが必要です。

  • ロジカル「シンキング」
  • ロジカル「ライティング」

 

ロジカル「シンキング」

よく、テレワーク(在宅勤務)になってロジカルライティング、すなわち文章力が大事だと言われますが、第一にはロジカルシンキングが重要です。

 

なぜなら、物事をロジカルに考えられない人が、分かりやすく伝えることなんて絶対にできないからです。

 

ととのえ
混沌とした情報を整理整頓してから相手に渡すことが大事です。

 

ロジカルシンキングを身に付けるうえで、私がおすすめするのは、演習を解くことです。

 

筋トレと同じで、本をパラパラと読んでも基本的には身に付きません。
とにかく問題を解くことが大事です。

 

私はこの本をやりこんでレベルを上げました。

いきなり問題集をやるのではなく、「まずは理論を」という方は、「グロービス学び放題」が良いと思います。

グロービス学び放題コンテンツ(思考)

ととのえ
こんな感じで、思考力を高めるうえで必要な理論を動画で分かりやすく学ぶことができます。

 

≫「グロービス学び放題」のページを見てみる

 

ロジカル「ライティング」

分かりやすい文章には、大きく2つのポイントがあります。

 

1つ目は、文章にムダがなくスリムであるということです。

次の3つのポイントがチェックポイントです。

  • 必要のない情報まで含めていないか
  • 言葉にムダな修飾語を用いていないか
  • 文字数が多い表現になっていないか

 

2つ目は、伝える順番です。

話す時も書く時も、次の順番で伝えることが、分かりやすく伝えることの基本です。

  1. 結論
  2. 理由
  3. 根拠や具体例

 

 

セルフマネジメント力

最後に、セルフマネジメント力ですが、誰かに見られる環境でなくても、自分を律してやるべきことをやる力のことです。

 

具体的には、次の3つを上手くコントロールできることが大事です。

  • 「自分が抱えるのタスク」のコントロール
  • 「自分が保有する時間」のコントロール
  • 「自分が働く場所」のコントロール

 

出社すると、上司や周りの人のサポートが比較的受けやすいのですが、在社になると全て自分でやらなければいけません。

 

ととのえ
できる人とそうでない人でかなり差が出てきていると思います。

 

この3つをコントロールするコツについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめ記事

「テレワーク(在宅勤務)だと、どうしても少しだらけてしまう。」「仕事ができる人って、どうやって自己管理してるんだろう。」 こんな疑問や悩みを解決する記事を書きました。 この記事を読[…]

テレワーク(在宅勤務)の「自己管理」は3つのコントロールで決まる

 

 

まとめ:テレワーク(在宅勤務)時代に必要な3つのスキル

まとめ:テレワーク時代に必要な3つのスキル

今回の記事では、テレワーク(在宅勤務)時代に必要な3つスキルということで、

  • 組織のハブになる力
  • 情報や考えを言語化して正しく伝える力
  • セルフマネジメント力

上記について解説しました。

 

まとめると次の通りです。

組織のハブになる力

  • チーム内コミュニケーションの仕組みを作る
  • チーム内の状況を感度よくキャッチし必要な人に伝える

 

情報や考えを言語化して正しく伝える力

  • ロジカル「シンキング」
  • ロジカル「ライティング」

 

セルフマネジメント力

  • 「自分が抱えるのタスク」のコントロール
  • 「自分が保有する時間」のコントロール
  • 「自分が働く場所」のコントロール

 

今回解説した3つのスキルを身に付けて実践することで、テレワーク(在宅勤務)でも高い生産性を発揮することができる思います。

この記事が、仕事の成果を出すうえで、お役立てできていれば幸いです。