テレワーク(在宅勤務)の運動不足を解消する方法【忙しい人向け】

「テレワーク(在宅勤務)で運動不足がヤバい…。」

「でも、忙しいから運動する時間がない。良い解決方法がないかなぁ…」

 

この記事では、こんな悩みを一発で解決するおすすめの方法を2つ紹介します。

 

時間をかけずにしっかりと運動をすることができるので、特に忙しい人におすすめです。

 

この記事を読むと、

  • 運動習慣が身に付き、健康を手に入れることだけでなく、仕事のパフォーマンスも上がります!

 

この記事を書いた人
ととのえ
大手企業とベンチャー合わせて10年以上人事に携わるヒト領域のプロ。大手企業5社と+大学とテレワークの生産性について産学連携で研究。仕事を圧倒的に効率化し働きながらMBA(経営学修士)を取得。
Twitterをフォローする

テレワーク(在宅勤務)によって起こった運動不足

衝撃の歩数
これは、テレワーク(在宅勤務)をした、とある一日の私の歩数です。

 

昼過ぎに外に散歩に行って、夕方仕事終わりに部屋の片づけをしたので、ずっと動かなかった訳ではないのです。それで433歩…!

 

出社していた時には、多い日で10,000歩。少ない日でも5,000歩は歩いていたので、運動量が1/10~1/20くらいになっています。

 

ちなみに、Tarzanの記事によると、週5日テレワーク(在宅勤務)勤務すると300キロカロリーほど消費エネルギーが減るとのこと。
体脂肪換算で1ヵ月で1.25kg増えるみたいです。

 

ととのえ
食事量を変えずに1年間テレワーク(在宅勤務)したら15kg太るということですね。

 

 

この衝撃の事実を知った私は、「なんとかしなければ!」と焦り、色んな選択肢を調べまくったわけです。

 

 

ちなみに、ボツになった運動

  • ジムに通う
    ジムまで行くのが面倒で、結局行かなくなりそう。移動時間も含めるとかなりの時間が必要。
  • ランニングを始める
    冬は寒くて外に出たくない。(本格的な在宅勤務がはじまったのが3月でした)
  • ランニングマシンを買う
    音がうるさく家族に迷惑がかかる。
  • エアロバイクを買う
    もう少し手軽にはじめたい。次のステップとして取り入れるかも。

 

 

テレワーク(在宅勤務)の運動不足を解消する2つの方法

在宅勤務の運動不足を解消する2つの方法
実際に私が取り入れている運動は、次の2つです。
それぞれについて、実際に取り入れてみた感想も含めて解説します。

 

忙しい人でもできる「仕事中に運動をする方法」

Foot Fit(SIX PAD)は、足をのせるだけで、ふくらはぎ、前すね、足裏を鍛えることのできるトレーニングツールです。

 

私が、Foot Fitを取り入れた理由は、ただ一つです。

仕事中にできるから!
運動のために時間を捻出しなくて良いというのが、圧倒的なプラスポイントですね。

 

 

使用方法

使い方はシンプルで、Foot Fitの上に足をのせて、スイッチを入れるだけです。

 

基本的にテレワーク(在宅勤務)用デスクの下に常備して、打ち合わせの時に使っています。

 

ととのえ
強度が1~20まで選べますが、いつも10~15くらいでやっていますが、筋肉がピクピクしてかなり動いてる感じがします。

 

時間は23分で、1日1回のみ。絶対に習慣化できます。

 

 

運動効果

はじめて使った翌日は、ふくらはぎに少し筋肉痛がきました。

 

「普段使われていない筋肉が動き出したな」という感じです。

 

使用後は、足が軽くなるような爽快感もあります。

 

むくみが取れるという口コミも結構あります。

 

Foot FitはEMSという筋肉に電気刺激を与えて筋力を鍛えるというトレーニング方法です。

 

一般社団法人の日本電子治療器学会でEMSについて次のように説明されています。
EMSは筋肉や運動神経に電気刺激を与えて筋肉を収縮させます。
医療分野では、脳血管障害などで自分の意志で運動ができなくなってしまった人のリハビリとして使用されています。
スポーツの分野では、オリンピック代表選手が用いて、高い効果が得られたことから注目され、以降筋肉トレーニングのための運動器として利用されています。
出典:電流刺激療法とは?|一般社団法人日本電子治療器学会

 

ちなみに、この手のトレーニングツールにありがちな、ジェルやパッドなどの消耗品はありません。

 

ととのえ
なので、面倒臭さがなく、ランニングコストもかからない所も良い点ですね。

 

 

忙しい人でもできる「1日5分でやれる運動習慣」

次に私が取り入れたのが、ミニトランポリンです。

 

Foot Fitだけでも良かったんですが、少し物足りなさを感じたので、トランポリンを取り入れました。

 

トランポリンを取り入れた理由は以下です。

 

  • 1日5分で天候を気にせずいつでもできる
  • 特にふくらはぎをよく使うので全身に血液や酸素が行き渡る

 

トランポリンも慣れてこれば、TVやYouTubeを見ながらできるので、新たに時間を捻出しなくて良いというのが、プラスポイントですね。

 

 

使用方法

トランポリンの上で、ただ飛び跳ねるだけではなく、

  • 足を閉じたり開いたりする
  • 体をツイストする
  • 腕を回す

上記の様な動きを加えることで、全身運動になります。

 

YouTubeで調べると動画がたくさん出てきます。

 

 

運動効果

NASAの発表によると、トランポリンの運動効率はランニングの1.7倍です。

 

トランポリン5分で、ランニング1km相当の運動効果です。

 

ととのえ
5分間だけでも息が上がって汗が出てきます。爽快です!

 

飛び跳ねるという動作は足だけではなく、全身を使うので、実際にやってみると分かりますが、少しの時間でも結構な運動になります。

 

血管やリンパ管のポンプ力を上げ、全身の循環が良くなることで、老廃物の排出による美肌効果やアンチエイジング効果があると言われています。

 

ととのえ
トランポリンをやると、全身に血液が行き渡るような感じがあって、かなりスッキリします。血流が良くなることで、疲労回復にもかなり役立っています。朝スッキリ起きれるようになっています。

これが、楽天で一番人気の商品で、私もこれを使っています。

 

コスパに一番優れたトランポリンです。

 

 

まとめ:テレワーク(在宅勤務)の運動不足を解消する方法

まとめ:在宅勤務の運動不足を解消する2つの方法

今回は、テレワーク(在宅勤務)の運動不足を解消する方法ということで、実際に私が取り入れている2つの運動を紹介しました。

 

この記事がテレワーク(在宅勤務)の運動不足解消に繋がり、仕事や生活のパフォーマンスアップにお役立てできていれば幸いです。