【初心者向け】副業ブログの始め方|25枚の画像と図解で丁寧に解説

ととのえ

こんにちは、ととのえです。

ブログを2020年度から始めたんですが、本格運用から8カ月、68記事書いたところで、月収5万円を達成しました。

 

「ブログはまず100記事書いてから」と言われる中、100記事にたどり着く前に5万円の安定収入を得ることに成功しました。

 

でも、実はブログを始める時に、めちゃくちゃ苦労したんです…。

 

なぜなら、

  • ブログ未経験
  • 文系でIT知識なし(体育会出身なので、むしろ文系でもない)
  • マーケティング未経験
  • 知り合いにブログやってる人いない

こんな状況だったからです。

 

ネットで調べたり、本を何冊も買ったり…。ホント、大変でした…。

 

でも、逆にこんな私だからこそ、

  • 未経験の人がムダなく失敗せずにブログを始める方法
  • 遠回りせず収益化を実現する方法

については、未経験の人の立場に立って、超わかりやすくお伝えする自信があります。

 

ととのえ

分からない人の気持ちは、「分からない」を経験した人でないと絶対に理解できないですからね。

 

センス溢れる名プレイヤーが良いコーチになれないのと同じです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、この記事では、知識がないけど副業でブログを始めたい」という方に向けて、ブログの始め方を超ていねいに解説します。

 

  • ブログで稼ぐ仕組みを理解する
  • 失敗しないブログサービスの選び方
  • ブログ開設に必要な3つのこと
  • 4つのステップでブログを開設

 

ちなみに、

  • サーバー
  • ドメイン
  • WordPress

この辺りの用語が出てきますが、ちんぷんかんぷんでも全然OK。

 

この辺りについても、分かりやすく丁寧に解説していきますので、知識がなくても失敗せずにブログを始めることができます。

 

それでは見ていきましょう。

 

ブログを始める前に、ブログで稼ぐ仕組みを理解しよう!

ブログを始める前に、ブログで稼ぐ仕組みについて、きちんと押さえておきましょう。

 

ととのえ

「もう分かってるよ!」って方は読み飛ばしてOKです。『ブログ開設に必要な3つのこと』からご覧ください。

 

そもそもブログって稼げるの?

結論、稼げます。

 

月に50万円以上稼ぐ人もゴロゴロいますし、月数百万~1,000万円以上稼ぐプレーヤーもいます。

 

これから先も、市場は右肩上がりです。

 

こちらを見てください。

2020年 日本の広告費

出典:CyberAgentHP

 

インターネットだけ爆伸びですね。2.2兆円の市場規模です。

 

後ほど、具体的に説明しますが、ブログの収入源は広告費です。

 

ととのえ
広告費市場が右肩上がりである以上、ブログは稼ぎやすいということです。

 

1年投下すれば月5万は稼げる

私の場合、本格的にブログを始めて8カ月目に月5万円を稼げるようになりました。ブログを開設してからは約1年くらいです。

 

かなりの時間を投入したんでしょ?ってよく言われますが、投下時間は以下の通り。

  • 平日:1~2時間
  • 土日:3~4時間

 

本業は管理職ですし、ブログ以外にも2つの副業があって、0歳の娘の子育てもあるので、上記しか時間が取れませんでした。

 

8カ月の累計は、おおよそ500時間くらいです。

仮に、1日8時間×5日で働いていたとしたら、500時間は、約3カ月分の労働です。

 

ととのえ
3カ月で月5万の収入を継続的に得られるって、魅力がありますよね?

 

ブログで収入を生み出す仕組み

ブログで収入を生み出す仕組みを詳しく解説します。

 

図解するとこんな感じです。

ブログで稼ぐ仕組み

 

広告を出したい企業の商品やサービスをブログで紹介し、ブロガーは購入費用の一部を仲介料として受け取ることで、収入が発生します。

 

例えば、以下のような案件があります。

  • Amazonの書籍(書籍購入代金の3%)
  • オンライン個別指導の学習塾(無料体験申込みで報酬5,000円)
  • 大学生向け就活サイト(新規登録で報酬3,000円)

 

でも、こういった案件って、直接企業と広告案件の交渉をするの?って気になりますよね。

 

基本的に、直接企業と交渉する必要がありません。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる代理店がいるので、ASPのサイトに登録すればOKです。

 

ととのえ
この辺りは、また後ほど、詳しく解説します。

 

 

失敗しないブログサービスの選び方

ここから、ブログ開設についてですが、まずはじめに、ブログサービスを選ぶ必要があります。

 

選択肢は以下です。

  • WordPress
  • はてなブログ
  • Amebaブログ
  • FC2ブログ
  • 楽天ブログ
  • Yahoo!ブログ
  • などなど

 

えっ!こんなにあるの?選ぶのめんどくさそう…。

って思ったと思うんですが、大丈夫です。WordPress一択です。

 

ととのえ
上記の選択肢を大きく分けると、「WordPress(有料)」「それ以外(無料)」に分けることができます。

 

有料ブログ vs 無料ブログ

メリデメを整理します。

WordPress
(有料)
その他
(無料)

メリット
  • カスタマイズやデザインが自由にできる
  • 収益化の幅が広い
  • ブログの立ち上げが簡単
  • 無料

デメリット
  • お金がかかる(初期導入1.5万円ほど)
  • ブログを作るのが少し難しい
  • Google検索で上位表示が難しい
  • 収益化が厳しい
  • 3突然ブログを消されるリスクあり
  • カスタマイズの幅が狭い

≫スマホはスクロールできます

 

WordPressは「持ち家」。無料ブログは、「賃貸アパート」というイメージです。

 

✔ ブログは持ち家に限る

持ち家は、完全自由にカスタマイズができます。

家を事務所にしてビジネスをしてもOKです。なぜなら、自分の所有物ですからね。

 

一方で、賃貸だとカスタマイズは制約されますよね。

ビジネスができるかどうかは、そのオーナーの条件によります。

 

ある日突然「ビジネスNGになりました!退去してください。」なんてこともあり得ます。

 

ととのえ
ブログで収益を上げるなら、収益化に全く向いてない無料ブログは選択肢として、まずないですね。

 

有料ブログにかかる費用は、激安です。

有料ブログのWordPressには、デザインテーマをインストールする必要があるのですが、私の場合は、16,280円かかりました。

 

加えて、サーバーとドメイン代が、年間1万円少々。

※この辺りの用語は、今は全く分からなくてOKです。後ほど解説します。

 

要するに、初年度はイニシャルがあるので約2.5万円、翌年からは約1万円がブログにかかるベースのコストです。

 

こんなに小さな資本で始められるビジネスは、他にないと思ってます。

 

ちなみに、ホリエモンがビジネス成功の4原則を以下と言っています。

  1. 小資本で始めることができる
  2. 在庫をできるだけ持たない
  3. 利益率が高い
  4. 定期的な収入が見込める

 

ととのえ
ブログは全部きっちりとあてはまってます。控えめに言って最強すぎますね。

 

 

ブログの開設に必要な3つのこと

では、具体的なブログ開設方法に話を移します。

 

ブログ開設には、3つ必要なことがあります。

  • サーバー
  • ドメイン
  • WordPress

 

先ほどから出てきている聞きなれない用語ですが、この3つの位置づけを説明すると次の通りです。

ブログ開設に必要な3つのこと

 

  • サーバー = 土地
  • ドメイン = 住所
  • WordPress = 家

 

ブログを開設するとは、つまり、土地(サーバー)を仮りて、住所(ドメイン)を登録して、家(WordPress)を建てるという作業なんです。

 

ととのえ
このイメージを持って、具体的な作業の説明をしていきます。

 

 

たった2つのステップでブログを開設

ブログ開設に必要な作業はたったの2つです。

  1. サーバーとドメインの契約
  2. WordPressの初期設定をする

 

「え!たったの2ステップだけなの?」って思うかもしれませんが、たったの2ステップです。

 

でも実は、通常は6ステップもあるんです。

 

ととのえ
私は6つのステップで開設して4時間くらいかかりました…。

 

mixhostというサーバーのクイック機能を使えば2ステップでできます。

 

wordpress初期設定7

 

ブログ開設に関して「当時、知っておきたかったことランキング」堂々の1位ですね。

 

ととのえ
ブロガーの本業は記事を書くことです。なので、ブログ開設作業はサクッと効率化しましょう。

 

サーバーはmixhost

mixhost

 

mixhostがおすすめな理由は、5つのステップが2つになるというクイックスタートがあるだけではありません。

mixhostがおすすめな理由

  • 表示スピード1位、アクセス処理速度1位
  • 直観的に使いやすいインターフェイス
  • アフィリエイター&ブロガー満足度1位

 

まず第一に機能が優れています。特に、Webページの表示速度。

サイトの表示速度が速いとGoogleからも評価してもらえますからね。

 

加えて、優れたインターフェイスで直観的で使いやすいです。初心者の方は特にここが重要だと思います。

 

こうした結果からか、アフィリエイターやブロガーからの満足度No1です。

しかも、価格も安い。

 

ととのえ
なので、mixhostを使えば、まず失敗はしません。

 

ということで、早速契約の作業に移りましょう。

 

【ステップ①】サーバーとドメインを同時に契約する

サーバーとドメインを同時に契約する

このステップでは、オレンジ色の部分の土地(サーバー)と住所(ドメイン)の契約をします。

 

契約のステップでは以下ができたら完了です。

  • プランの選択
  • ドメインの選択(取得)
  • 会員情報の入力
  • 契約料金の支払い
  • SSL証明書設定

 

契約にあたり、以下が必要になりますので、準備しておきましょう。

 契約に必要なもの

  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • ドメイン名(ブログサイトのURL)
  • ブログサイトのタイトル
  • mixhostのユーザー名/パスワード

 

1 mixhostのサイトにアクセス

まずはじめに、mixhostのサイトにアクセスします。

mixhostのページはこちら

【公式サイト】https://www.mixhost.jp

 

※ここから先は、上記から公式サイトにアクセスして、ページを開きながら進めると簡単にブログが作れます。

 

次のような画面になるので、「今すぐmixhostをお申込み!」をクリックします。

wordpress開設1

 

2 プランの選択

wordpress開設20

個人ブログの場合、プランは一番安い「スタンダード」でOKです。

 

契約期間は何カ月でもOKですが、ブログで稼ぐのであれば、「12ヶ月」にしましょう。

 

ととのえ
どうしても不安な方は、3ヶ月でもOKです。

 

3 WordPressクイックスタートの設定

wordpress開設21

WordPressクイックスタートの「利用する」を選択し、以下を入力します。

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
ととのえ
ちなみに、サイトのタイトルは後から変えることができます。

 

4 ドメインの選択(取得)

wordpress開設3

「新しくドメインを取得する」にチェックを入れます。

好きなドメイン名を入れましょう。

 

ドメイン名の左側は、シンプルなものがおすすめです。私のブログの場合は「totonoesan」です。

「totonoe」のみにしたかったんですけど、既に使われてたので、「san」を後ろに付けました。

 

右側は、色々ありますが、特にこだわりがなければ「.com」がおすすめです。

 

ととのえ
ドメインと収益性に関係はないですし、64%の人が.comを使っているので、迷ったら「.com」でOKです。

 

5 会員情報の入力

wordpress開設4

「はじめてご利用の方」にチェックを入れて、会員情報を入力しましょう。

 

ととのえ
入力項目がやや多いですが、ここが山場です。頑張りましょう。

 

6 約料金の支払い

wordpress開設22

「クレジットカード」「銀行振込」が選べます。

 

必要情報を入力して、「お申込み」をクリックしたら支払い手続き完了です。

 

7メイン情報認証

wordpress開設6

申込みが完了したら、mixhostからメールが届きます。

 

「【重要】[mixhost] ドメイン 情報認証のお願い」という件名のメールです。

 

メールが届いたら、赤枠のURLをクリックします。

 

8 約情報の確認

wordpress開設7

mixhostのページにアクセスし、「マイページ」をクリックします。

 

wordpress開設8

契約時に登録した「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

 

wordpress開設9

赤枠にあるように、「サービス1」「ドメイン1」となっていればOKです。

「有効なサービス」の部分にある「ドメイン名」をクリックします。

 

wordpress開設10

「ウェブサイトへアクセス」をクリックします。

 

wordpress開設11

こちらが、今回開設したWordPressの画面です。

 

「ドメイン名」「サイト名」が表示されていると思います。

 

ととのえ

これにて、ステップ①のサーバーとドメインの同時契約と設定が完了です。

一旦、お疲れさまです!

 

 

【ステップ②】WordPressの初期設定をする

wordpressの初期設定をする

さて、土地(サーバー)と住所(ドメイン)の契約ができたので、残すところは、家を建てる(WordPress)ところのみです。

 

「最初にこれだけはやっておこう!」という点を開設していきます。

初期設定でやるべきこと

  • 1 WordPressにログインする
  • 2 WordPressテーマを入れてブログのデザインを整える
  • 3 パーマリンクを設定する
  • 4 ASPサービスに登録する
  • 5 Googleアナリティクス・サーチコンソールの設定をする
  • 6 プラグインの設定

 

ととのえ
順に解説します。

 

1 WordPressにログインする

まず、テーマを入れる前に、WordPressにログインしてみましょう。

 

 WordPress管理画面

https://ドメイン名/wp-admin/

 

上記の「ドメイン名」の部分を、ご自身で設定したドメイン名に変更してアクセスしてみてください。

 

wordpress初期設定1

赤枠の部分に「ユーザー名」「パスワード」を入力して、ログインをクリックします。

 

ログインすると、次のような画面になります。

wordpress初期設定2

 

ととのえ

こちらが、WordPressの管理画面です。ここから色んな操作をしていくので、ブックマークしてすぐアクセスできるようにしておきましょう!

 

2 WordPressテーマを入れてブログのデザインを整える

ブログの見た目を整えるには、デザインテーマの導入が必要です。

 

デザインテーマには、有料、無料のどちらもありますが、ブログで稼ぐなら有料テーマがおすすめです。

 

なぜなら、有料テーマは「デザインのカスタマイズ性」と「SEO対策」の両面に優れているからです。

 

 SEO(Seach Engine Optimization)とは

SEOとは、一言でいうと「検索エンジン最適化」のことを言います。

Googleなどの検索エンジンに自身のWebページが上位表示されやすくすることを意味します。

 

ブログで稼ぐには、SEO対策に強いテーマを選んで使うことが、最も大切なことです!

 

特に有名なテーマは、次の7つです。

  • THE THOR(ザ・トール)
  • AFINGER(アフィンガー6)
  • Diver(ダイバー)
  • SWELL(スウェル)
  • SANGO(サンゴ)
  • JIN(ジン)
  • 賢威(ケンイ)

 

当サイトでは、色々比較検討したうえで、THE THOR(ザ・トール)を使っています。

 

私が、THE THOR(ザ・トール)を選んだ一番の理由は、SEO対策に強くデザイン性に優れているという点です。

稼ぐブログを作るなら、SEO対策が何よりも重要ですからね。

 

ちなみに、他の6つと比べて価格がやや高めなのがネックです。

 

ととのえ
一応、比較をまとめると次の通りです。
テーマSEO対策デザイン性価格
THE THOR(ザ・トール)(5)(4.8)16,280円(税込)
賢威(ケンイ)(5)(3)27,280円(税込)
Diver(ダイバー)(5)(3.8)17,980円(税込)
AFINGER(アフィンガー6)(4.5)(4.5)14,800円(税込)
SWELL(スウェル)(4)(5)17,600円(税込)
JIN(ジン)(3.7)(5)14,800円(税込)
SANGO(サンゴ)(3.7)(4.2)10,800円(税込)

※スマホの場合は横スクロールできます≫

 

ととのえ

SEOとデザイン性のバランスを見て決めていきましょう。迷ったらTHE THORにすると失敗がないです。

 

THE THORのダウンロードはこちら

【公式サイト】https://fit-theme.com/the-thor/

 

3 パーマリンクを設定する

パーマリンクとは、記事のURLのことです。

 

初期状態だとGoogleから評価されにくいので、必ず設定しておきましょう。

wordpress初期設定3

管理画面左側の「設定」の中から「パーマリンク設定」をクリックします。

 

wordpress初期設定4

「カスタム構造」を選択して、赤枠の中に「/%postname%/」と入力します。

青枠のボタンをクリックすると簡単です。

 

入力できたら、左下の「変更を保存」をクリックします。

 

ととのえ
これでパーマリンクの設定完了です!

 

4 ASPサービスに登録する

ASPサービスへの登録は、ブログで収益を上げるうえで、一番大事なステップです。

 

 ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)とは

一言でいうと広告代理店。企業からの広告案件を取りまとめ、ブロガーと繋ぐ役割を担っています。

 

登録必須のASPは、以下です。

ASP特徴
A8.netASP最大手で案件が豊富
もしもアフィリエイトAmazon・楽天の案件紹介ができる
アクセストレード通信や金融の案件が豊富
バリューコマース旅行や金融系の案件が豊富
afb美容や健康系の案件が豊富

ちなみに、同じ案件であってもASPによって報酬単価が異なります。なので、基本的に5つ全てのASPに登録をしておきましょう。

 

ととのえ
単価を見ながら案件毎に活用するASPを使い分ける感じです。

 

5 Googleアナリティクス・サーチコンソールの設定をする

Googleの「アナリティクス」「サーチコンソール」は、無料のアクセス解析ツールです。

 

この2つを入れると、ブログを伸ばすうえで必要なデータを見ることができます。

  • アクセス数
  • 検索クエリ(どんなキーワードで検索されたか)
  • 検索表示の順位
  • ページの滞在時間 etc…

 

ブログはただ闇雲に記事を書いても伸びていきません。

書いた記事が、読者やGoogleにどう評価されているのかを数字で確認することで、改善に繋がりアクセスが伸びます。

 

ととのえ
初期にしっかりと導入しておきましょう。

 

具体的な導入方法については、以下の記事が参考になります。

 

6 プラグインの設定

プラグインは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。

 

WordPressの標準機能ではできないことが色々あるので、必要なプラグインは一式入れておきましょう。

 

※ただし、プラグインの入れすぎは注意です。

プラグインは便利なのですが、入れすぎるとサイトが重たくなってしまいます。サイトが重くなるとGoogleから評価されなくなってしまうので、最小限にしましょう。

 

また、WordPressテーマによって相性もあるので、その点を気を付けながら入れていきましょう。

 

THE THORに必須のプラグインは以下7つです。

プラグイン機能
Classic Editor投稿記事を編集する画面を使いやすくする
Akismet Anti-Spam (アンチスパム)スパムメールなどの迷惑コンテンツからサイトを守る
EWWW Image Optimizer画像を圧縮してページ読み込み速度を快適にする
Google XML SitemapsサイトマップをGoogleに送ることでサイトを適切に認識してもらう
Broken Link Checker機能していないリンクを教えてくれる
UpdraftPlusサイトのバックアップを取る
AddQuicktagボタンやボックスなど必要な装飾を簡単に追加する

 

プラグインのインストール方法は以下です。

wordpress初期設定5

WordPress管理画面左側の「プラグイン」をクリックして、画面上部の「新規追加」をクリックします。

 

wordpress初期設定6

画面右上の赤枠に、プラグインの名前を入れて検索します。

 

検索で出てきたプラグインの「今すぐインストール」をクリックし、「有効化」したら完了です。

 

ととのえ

これにてWordPressの初期設定も全て完了です。

 

 

最後に:ブログが開設できたらTwitterで投稿しよう

ブログ開設お疲れさまでした!

 

ブログの開設って、ブログを稼ぐ道のりの中で、はじめの一歩になります。

実は、この一歩がこれからの歩みのなかでは、一番大きな一歩なんですよね。

 

ととのえ
一歩を踏み出したところで、その勢いで一本目の記事を書いてみましょう!

 

書いた記事をTwitterに貼って発信したら、私がブログサイトと記事を見にいきます。

 

Twitterに以下を記載してください。

 Twitterの投稿に書くこと

  • サイト名
  • 記事のURL
  • 発信内容や意気込みなど
  • @totonoe_sanのメンションを付ける(気づくことができないので)

 

サイトや記事を見てRT(リツイート)します。

私のTwitterは1投稿あたり約10万インプレッションあるので、記事やサイトの認知にお役立てできると思います。

ととのえTwitterアカウントはこちら(@totonoe_san)

 

ととのえ
それでは、共にブログライフを楽しんでいきましょう!

 

この記事はこれにて以上になります。