【徹底解説】きづく。転職相談って実際どう?口コミや評判は本当?

こんにちは、ととのえです。

キャリア相談サービスの「きづく。転職相談」が話題です。

 

  •  どんなサービスなの?特徴は?
  • 実際のところの評判や口コミは?
  • 他のサービスと比べるとどうなの?

 

 

この記事では、上記の疑問が解消できるように、きづく。転職相談について徹底的に解説しました。

他のキャリア相談サービスと比較しながら、その全容を解説しています。

 

  • きづく。転職相談のサービス内容や料金体系
  • 他のキャリア相談サービスとの比較
  • きづく。転職相談がおすすめな人
  • きづく。転職相談の評判と口コミ

 

他のキャリア相談サービスとの比較一覧を先に見たい方は「こちら(記事内スクロール)」からご覧ください。

 

ちなみに、きづく。転職相談で無料でキャリア相談を受けることができます。

それだけでもキャリアのモヤモヤ解消に向けて一歩前に進めます。

\ スマホで1分で完了 /
無料カウンセリングはコチラ(きづく。転職相談公式HP)

 

この記事を書いた人
ととのえ
教育系ベンチャーでコーチング事業を立ち上げ、学生から若手社会人のキャリア相談に携わる。24時間365日キャリアコーチングに向き合っている人。MBA(経営学修士)。Twitterをフォローする
目次

きづく。転職相談とは?

きづく。転職相談

公式サイト:https://kidzukutensyoku.com/

 

きづく。転職相談は、1ヵ月の短期集中型で、本当の目指したい未来が見つかるキャリアコーチングサービスです。

 

きづく。転職相談でできること

きづく。転職相談は、4つのステップを4週間かけてサポートしてくれます。

 

きづく。転職相談の提供価値

1週目(自己分析)

過去、現状について深堀。
モノゴトの方向性を決めるための軸を明らかにします。

 

2週目(キャリアカウンセリング)

自分の目指すゴールを設定。
現状と照らして足りないことを明らかにします。

 

3週目(就職サポート)

目指すゴールの実現に向けて、具体的な仕事選びのサポートをします。

 

4週目(ネクストアクション)

ゴールに向けて「明日からすべきこと」を共に考えていきます。

 

きづく。転職相談はプログラムを柔軟にカスタマイズできる

基本は、上記の4つのステップの流れなんですけど、自分の状況に応じたカスタマイズが可能です。

 

例えば、以下のようなイメージです。

自己分析を重点的に行いたい場合

  •  1週目:大事にしている価値観などの自分軸の明確化
  •  2週目:強みやスキルの棚卸し
  •  3週目:理想のキャリアを描き目指すゴールを設定
  • 4週目:ネクストアクションの明確化

自己分析はある程度できているので転職支援に重きを置きたい場合

  • 1週目:理想のキャリアを描き目指すゴールを設定
  • 2週目:企業研究(3C分析)・職種研究によって目指す企業を選定
  • 3週目:職務経歴書作成、1次2次面接対策
  • 4週目:最終面接対策、入社後のアクション整理

回数も4週(4回)が基本なんですが、延長して、5,6回でプログラムを組むことも可能です。

 

一度、4回のプログラムを終了した後に、転職先でのアクションプランを整理するために、後日2回のコーチングセッションを設けることもできます。

 

ととのえ

きづく。転職相談は、かなり柔軟にカスタマイズできるのが特徴です。

悩みや状況は十人十色ですからね。

 

4つのサポートをもう少し細かくすると

もう少し詳しく説明すると、9種類のキャリアサポートを受けることができます。

きづく。転職相談サービス内容

 

ととのえ

きづく。転職相談の特徴の一つですが、副業のアドバイスまでしてもらえる辺りが、時代に合ってますね。

実は、代表を含めてカウンセラーのほとんどが、パラレルキャリア経験者なんですね。

なので、副業に関するアドバイスはかなり強いのが特徴です。

 

 

キャリア相談サービスと転職エージェントとの違い

キャリア相談サービスと転職エージェントはよく混同しがちになるので、少し整理しておきます。

 

決定的な違いは、その目的の違いにあります。

転職エージェントとの違い

 

転職エージェントは、転職先を紹介することが目的で、求人先の企業から仲介料をもらうビジネスモデルです。

 

キャリア相談サービスは、ベストなキャリアを描き、キャリアにマッチした道への一歩を支援することが目的です。

 

なので、企業からではなく、サービスを受ける本人から料金をもらう、ビジネスモデルとなります。

 

ととのえ

でも、きづく。転職相談って、転職の支援もしてるんでしょ?その辺りはどう違うの?」という所が気になりますよね。もう少し詳しく比較します。

 

「きづく。転職相談」と「転職エージェント」の比較

比較をまとめると、こんな感じです。

きづく。転職相談転職エージェント
目的理想のキャリアを描き実現をサポート希望する企業への転職をサポート
自己分析
キャリアプランニング
業界/企業選び
選考対策
求人紹介×
料金有料無料

 

転職エージェントと比べた時のきづく。転職相談のデメリットは、次の2点です。

  • お金がかかる
  • 求人紹介がない

 

でも、有料だからこそ、自己分析から選考対策まで、かなり高いレベルで伴走してもらえるんですよね。

 

転職エージェントときづく。転職相談は、どちらかしか選択できない訳ではないです。

 

ととのえ
なので、まずは、きづく。転職相談で自己分析やキャリアプランニングをしながら、転職エージェントにも登録しておいて、企業選びも同時に進めていくのが良いと思います。

 

参考で、おすすめの転職エージェント2つを貼っておきますね。

人事歴14年で多くのエージェントを見てきているので、間違いはないです。

この2つのエージェントは必ず登録しておきましょう。

 

 

きづく。転職相談のコース・料金

きづく。転職相談のコースと料金についてですが、極めてシンプルです。

 

ととのえ

コースは1つ。料金プランも1つです。

 

基本的にコースは1つのみで、以下の4週間プログラムになります。
※期間や回数、内容については、柔軟にカスタマイズが可能

  • 自己分析
  • キャリアカウンセリング(理想のキャリアの明確化)
  • 就職サポート(企業選びや選考対策)
  • ネクストアクション明確化

 

利用料金は、一括払いと分割払いとありますが、次の通り。

一括払い165,000円(税込)
分割払い初回21,000円(税込)
2回目以降16,000円(税込)
181,000円(税込)

 

ととのえ
面談1回あたりに換算すると41,250円です。

 

これが高いかどうかは、後ほど他のキャリア相談サービスとの比較で解説します。

 

 

きづく。転職相談のカウンセラーの質

コーチ陣はビジネス経験が豊富なキャリアの専門家です。

近藤 奎祐

近藤 奎祐

リクルートキャリア社にて、中小企業を中心に担当顧客200社の採用支援。また、掲載顧客の採用成功率も通算83.4%と高い数字を維持。1年間で400名もの転職・副業希望者との面談を実施し、企業側・求職者側の両方のインサイトを持つよう心がけています。

工藤 久生

工藤 久生

サービス業の店長などを経験し、その後求人広告や人材紹介などHR領域にて10年以上のキャリアの持つキャリアコンサルタント。個人のキャリア開発や就労支援、企業の人材採用支援、人材開発支援など、人材領域の仕事を幅広く経験している人材のプロフェッショナル。国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持。
畑 俊彰

畑 俊彰

大学卒業後、飲食/物流/人材という全く異なる3つの業界において、100社300人以上の「人と組織の変革」に携わる。その人自身も気づいていない独自の強みや大切にしている価値観を一緒に発掘・言語化しながら、その人が自分の力で人生を切り開いていく一歩目を踏み出す支援を得意とする。
武重 麻衣子

武重 麻衣子

大学卒業後、損害保険会社営業、ブライダル業界の人材育成、業務改善等を経験。その後社労士事務所に転職し、マネージャーとして人材派遣、ITベンチャー、介護福祉会社などの人事労務コンサル及び業務改善に携わる。2019年にキャリアコンサルタントの資格を取得。プライベートは2児の母。自身のキャリアライフの苦労した経験から、子育てやそれに付随するキャリア構築について20代30代女性から熱く支持を得ている。

 

きづく。転職相談のカウンセラーは実業経験・キャリア経験が豊富なところが特徴

きづく。転職相談のカウンセラーは、他のサービスに比べて年齢層が少し高めです。

つまり、実業経験・キャリア経験が豊富ということです。

 

他のキャリア相談サービスでは、カウンセラーの年齢が30代前半の所が多いです。

 

実務経験豊富な人ほど処遇の市場価格が高いので、人件費の負担が大きくなりやすいんですが、きづく。転職相談では、カウンセラーを直雇用するのではなく、パートナーとして契約しています。

 

なので、人件費を抑えながらも優秀なカウンセラーを確保できるというカラクリです。

 

ととのえ
色んな特徴を持ったカウンセラーと契約しているので、自分の悩みや状況にあったカウンセラーのコーチングを受けることができるのも、きづく。転職相談の特徴ですね。

 

 

きづく。転職相談の評判と口コミ

きづく。転職相談は2020年にサービスがリリースされたので、まだSNSでは口コミや評判はありませんでした。

 

ととのえ
きづく。転職相談が、拾った利用者の声としては以下があります。

 

29歳・女性・営業企画職

私自身がジョブホッパーで今後のキャリアについて悩んでいました。ただ日々仕事に忙殺していて、あまり自分を振り返る機会を作れていませんでした。

このサービスを利用して、今後どうなっていきたいのか・どんなことをやってみたいのかが明確になり、転職すべきタイミングも理解し腑に落ちました。

 

27歳・男性・カスタマーサクセス職

当時は『職場の上司は“社内評価”を気にしてなかなか相談できない。転職エージェントは必ず“転職”というゴールに導かれるためどうしても信用しきれない。』という状態でした。

「きづく。転職相談」は、転職することが悩みを解決する魔法の行動ではないことを強く言われ、あくまでも自己分析を徹底的に行なってくれるので、自然と今後について、自分の思う解がわかった気がします。あくまでフラットな関係で、会社の愚痴から自身のキャリアまで聞いてもらえたのも含め満足しています。

 

31歳・女性・Webマーケティング職

今後の自分のキャリアに悩んでいました。また、最近話題になっている『副業』のこともすごく気になっていました。

何がしたくて副業をやってみたいのかというマインド面のアドバイスと、どうしたら副業ができるのかという具体的なアドバイスを両方受けることができて、悩みが一つ晴れました。やってみたいことが一つできたので、いま副業可の企業へ転職活動中です。

 

受講者の生の声は、こちらののnoteにも詳しく掲載されています。

気になる方は一度見てみると良いと思います。

≫きづく。転職相談受講者インタビュー

 

 

他のキャリア相談サービスとの比較

ここ最近人気がある次のキャリア相談サービス5つで比較しました。

 

価格と特徴で軸を取ってマップに落とし込むとこんな感じです。

キャリア相談サービス比較

 

詳細一覧は次の通り。

キャリア相談サービス比較

 

きづく。転職相談 vs ポジウィルキャリア/マジキャリ

きづく。転職相談は、ポジウィルキャリアやマジキャリと比べると一段価格がリーズナブルです。

でも2,3ヶ月の長期プログラムがないので、その点が大きな違いです。

 

ポジウィルキャリアやマジキャリは基本的にプログラムのカスタマイズはないので、柔軟にカスタマイズして受けたい場合はきづく。転職相談がおすすめ

 

ある程度時間をかけてキャリアに本気で向き合うのであれば、ポジウィルキャリアマジキャリが良いと思います。

 

きづく。転職相談 vs mentors

きづく。転職相談でも価格がネックな場合は、mentorsがおすすめです。

 

自分で選んだタイミングでコーチングを受けることができるので、マイペースに取り組みたい人もmentorsはいいと思います。

 

きづく。転職 vs 転職hone

転職honeは、名前の通り、この中で最も転職支援の色が強いサービスです。

 

きづく。転職よりもリーズナブルに、そしてある程度プログラムが組まれたなかで転職を成功させたい場合には、転職honeがおすすめです。

 

本気でキャリアに向き合って転職でキャリアアップするならマジキャリです。

 

キャリア相談サービス5つの比較詳細

ちなみに、他のサービスとの比較については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連

こんにちは、ととのえです。キャリア相談サービスの人気がかなり高まってきていますね。  キャリア相談サービスってどれがいいんだろう? キャリアについて失敗したくないから、きちんとしたコーチングを受[…]

【完全ガイド】話題のキャリア相談サービス5つからおすすめを紹介

≫【完全ガイド】話題のキャリア相談サービス5つからおすすめを紹介

 

上記を踏まえてきづく。転職相談のメリットをこの後解説しますね。

 

 

きづく。転職相談のメリット

きづく。転職相談の特徴やメリットは大きく次の2点です。

  • 転職に限らず幅広い選択肢のなかから「進むべき道」が明らかになる
  • 短期間に集中してキャリアに向き合える

 

転職に限らず幅広い選択肢のなかから「進むべき道」が明らかになる

「きづく。転職相談」というサービスの名前なのですが、キャリアの選択肢として必ずしも転職前提とはしていません

 

それは、転職という選択が理想のキャリアを実現するうえで、必ずしもベストとは限らないからです。

キャリアの選択肢

 

自己分析によって自分軸を明らかにし、その自分軸にてらし合わせることで、「独立」「今の会社を続ける」「転職」のどの選択が最も合うのかを考えていきます。

 

短期間に集中してキャリアに向き合える

キャリア相談サービスの一般的なプログラム期間は、2,3カ月かかります。

 

アクションに対する支援がないプログラム(自己分析やキャリアビジョンを描くのみ)だと、1ヵ月でできるものも多いですが、アクションまで含めると、2,3カ月はかかります。

 

きづく。転職相談は、1ヵ月という短期間で、自分に向き合い、必要なアクションを考える。

 

短期型が良いか、ある程度の期間の中でじっくり考えていきたいかは、好みによるので自分に合っている方でやるのが良いと思います。

 

ととのえ
でもここまで短期集中型のプログラムはきづく。転職相談以外にはないです。

 

 

きづく。転職相談がおすすめな人

とにかく、短期間でキャリアを描き、理想に向けたアクションまでつなげたい人には、きづく。転職相談がおすすめです。

 

具体的には、以下にあてはまる場合は特におすすめです。

  • すぐに転職をしたいけど不安がある
  • 2,3カ月も自己分析やキャリアデザインに時間を割くのが難しい
  • ある程度方向性が見えているから、がっつりとした長期プログラムは必要ない

 

ととのえ
こんな特徴にあてはまるなら、きづく。転職相談が合っていると思います。

 

 

きづく。転職相談のデメリットとおすすめしない人

きづく。転職相談のデメリットは、次の1点かと。

 

  • 長期コースがない

 

基本は1ヶ月のプログラムです。

カスタマイズで延長することも可能ですが、2,3ヶ月のような長期プログラムを前提とはしていません。

 

1ヵ月で自己分析からアクションを明確にするところまでを行うプログラムが自分自身にマッチしていれば、良いと思います。

 

でも、次のような場合、はきづく。転職相談向きではないかもしれません。

  • キャリアについて完全に森の中に迷い込んでいて、そんなにすぐに答えを見つけられる気がしない…

 

ととのえ
なので、他のキャリア相談サービスを使いましょう。

 

長期を前提とするのであれば、次のどちらかがおすすめです。

 

「自己分析や理想の生き方をデザインする」ということに重きを置くのであればPOSIWILL CAREER。

「転職を前提としていて転職支援もがっつり受けたい」場合は、マジキャリがおすすめです。

 

ポジウィルキャリアもマジキャリも両方とも無料でキャリア相談ができるので、それぞれの無料キャリア相談を試してみて比較しながら決めるのが良いです。

 

POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)

≫無料相談(カウンセリング)はコチラ

【公式サイト】https://www.gekisapo.com/

POSIWILL CAREERについては、「ポジウィルキャリアって実際どう?口コミや評判は本当?」にて詳しく解説しています。

マジキャリ

≫無料相談(カウンセリング)はコチラ

【公式サイト】https://majicari.com/

マジキャリについては、「マジキャリって実際どう?口コミや評判は本当なの!?」にて詳しく解説しています。

 

 

結論:まずは無料キャリアカウンセリングでOK

きづく。転職相談では、無料でキャリアカウンセリングを受けることができるので、まずは試してみることがおすすめです。

 

キャリア相談って、物を買うわけではないので、その良し悪しって使ってみないと分からないんですよね。

 

なので、HPやサイトを見て判断するのではなく、キャリアカウンセリングを受けてみた方が良いです。

 

無料キャリアカウンセリングでもモヤモヤが解消につながります

ちなみに、無料キャリアカウンセリングだけでも、キャリアのモヤモヤが整理されることって多いです。

 

実は、キャリアの悩みを解決する糸口ってすごくシンプルだったりするんですよね。

 

でも、自分一人で考えていると、悩みを客観的に整理することが難しいので、思考の堂々巡りになっちゃうことが多いんですよね。

 

ととのえ
悩みの構造は本当はシンプルなのに、難しく考えちゃうって感じです。

 

誰かに相談してみたら、あっさり解決。なんてことは良くある話です。

 

きづく。転職相談の無料カウンセリングは質が高い

きづく。転職相談の無料カウンセリングは、無料なのにかなり質が高いです。

 

悩みを聞きその悩みを解決するための方策まで可能な限り提供してもらえます。

出し惜しみ一切なしの無料カウンセリング。

 

さらに、サービス利用について強めの営業も一切ありませんでした。

 

ととのえ

基本的には、「サービスを体験してもらい本当に良いと思ってもらえたら使ってももらえばよい」という大人なスタンスです。

 

\ スマホで1分で完了 /
無料カウンセリングはコチラ(きづく。転職相談公式HP)

きづく。転職相談

公式サイト:https://kidzukutensyoku.com/

 

 

キャリアカウンセリングの予約の流れ

無料キャリアカウンセリングの予約の流れは次の通りです。

 

Step1
公式サイトにアクセス

きづく。転職相談公式サイトにアクセスして、「無料相談はこちら」をクリック

公式サイト:https://kidzukutensyoku.com/

公式サイトにアクセス

 

Step2
希望日時の選択

希望する日時を選択します。

希望日時選択

 

Step3
必要事項を入力

氏名や連絡先、相談内容等を入力します。

必要事項入力

 

Step4
担当カウンセラーより連絡

担当のカウンセラーより連絡があるので、それに従ってオンラインで面談をします

 

 

まとめ:きづく。転職相談を徹底解説

今回は、きづく。転職相談について、他のサービスと比較をしながらその全容を解説しました。

 

1ヵ月の短期間で自分自身と向き合ってキャリアをデザインするプログラム。

 

ととのえ
私がそうでしたが、キャリアのモヤモヤが解決されると、一気にモチベーションが上がるんですよね。

 

モヤモヤって自分一人では解決できないことが多いですし、そのモヤモヤがある状態で過ごし続けるのは人生もったいないです。

 

たった一度きりの人生。今という時間は一度きりです。

 

迷いがあれば、一度アクションしてみてはいかがでしょうか。

 

今回の記事はこれにて終わりです。

この記事がキャリアの悩みを抱える方のお役に立てていたら幸いです。

\ スマホで1分で完了 /
無料カウンセリングはコチラ(きづく。転職相談公式HP)

きづく。転職相談

公式サイト:https://kidzukutensyoku.com/