サラリーマン(会社員)向け副業の始め方【3つのステップで詳しく解説】

「副業を何かやってみたい。何をすればよいか、副業の始め方を知りたい。」
「会社員の自分に合った副業を始めたい。」

 

ととのえ
この記事では、こんな悩みや疑問を解決できる内容をお届けします。

 

2018年に厚生労働省の「モデル就業規則」から副業禁止規定が削除されてから、副業容認の流れが一気に加速しています。

 

働き方改革によって残業時間が少なくなり、自由に使える時間が増えたことで、副業に取り組もうとする人が一気に増えています。残業代がなくなったこともかなり影響していますね。

 

これからの時代の会社員は、副業があたり前の時代になります。

 

時代に乗り遅れないように素早く一歩を踏み出すことが大事ですが、間違いのない一歩を踏み出したい気持ちがあると思うので、副業を始めるステップや注意点をしっかりと解説します。

 

後半には、おすすめの副業も解説しています。

 

  • 副業を始める3つのステップ
  • 副業を始める時の注意点
  • 会社員におすすめの副業

 

この記事を読むと、

副業を始める時に大事な考え方を理解することができ、失敗なく自分に合った副業を始めることができます!

 

この記事を書いた人
ととのえ
国内最大手企業に勤務しながらベンチャー企業での勤務をはじめ複数の副業に取り組む。10年以上人事に関わり企業内で副業制度を導入。MBA(経営学修士)取得。
Twitterをフォローする

サラリーマン(会社員)向け副業の始め方を3つのステップで解説

副業を始める3つのステップ

早速ですが、副業を始める3つのステップは次の通りです。

 

  1. 目的を明確にする
  2. 副業を選ぶ
  3. 時間を確保する

 

特に、目的を明確にすることが一番大事な所です。

 

順番に詳しく解説します。

 

目的を明確にする

目的を明確にする

副業を始める目的は人によってそれぞれあると思いますが、「収入を増やす」ということは、全員に共通すると思います。

 

でも、ただ闇雲に「収入を増やす」ことのみを追求するのは危険です。

 

経済アナリストの森永卓郎氏は、こうコメントしています。

本業があるうちは報酬が少なくても好きなことを優先して副業にすべきだ。
私自身、収入がギリギリだったことから副業で原稿を書くようになり、それがきっかけでテレビに出演など仕事が増えた。
『楽しくないけど稼ぐため』では単純に労働時間が増えるだけだ。

 

収入アップのみを追求するデメリット

収入を増やすことのみを追求するデメリットは次の2つがあると思います。

  • 持続性が失われやすい
  • 代償として何かを失う

 

持続性が失われやすい

例えば、いくら収入が良くても自分が好きな仕事でなければそんなに長続きしませんし、スキルも身に付いていきません。

 

副業は目先の1年や2年の話ではなく、今後数十年というスパンで考えていかなければいけないということを認識することが大事です。

 

代償として何かを失う

一番良くあるのは、ネットワークビジネスに手を出して、「大切な人間関係を失う」といったパターンです。

 

人間関係を収入アップとトレードオフにするのはもったいなすぎます。そんなことをしなくても収入アップは十分にできます。

 

他には治験バイトで健康を代償にしたり、ウーバーイーツも交通事故リスクが高いことから、私はあまりおすすめしません。

 

副業の目的を整理する方法

副業の目的は、大きく次の3つに分類されると思います。

  • 好きなことをやる
  • スキルを高める
  • 経済的余裕を増やす

 

「好きなことをやる」のは、人生の充実度を高めるうえで大事です。せっかく自由な時間を使うので、熱中できることを見つけれたらいいですよね。

 

好きなことが見つからないという方は、こちらの記事が役に立ちます。
やりたいことの見つけ方!【誰でも絶対に見つかる方法を解説します】

 

次に、「スキルアップ」ですが、数十年というスパンで副業の戦略を考えていかなければいけないので、今後必要となるスキルを新たに身に付けながら副業をするということが大事です。

 

ととのえ
私の場合は、SNSやブログなどを通じてデジタルマーケティングのスキルを高めることをやっています。

 

この3つの目的全てを完全に満たす副業を見つけることは難しいかもしれませんが、何か一つに偏ることなく、バランスを意識して取り組むことが大事です。

 

経済的余裕を増やすにはフロー型副業から始めてストック型へシフト

副業には大きく2つの種類があります。

  • ストック型の副業
  • フロー型の副業

 

ストック型の副業とは、「継続的に収益が入る副業」のことです。

 

例えば、ブログ、Youtube、写真の販売、オンラインサロン運営などのことです。

 

ストック型の反対の位置づけは、フロー型です。フロー型の副業とは、「単発で収益をあげる副業」のことです。

 

こちらは、クラウドソーシングでのアプリ開発の受注やライターとしての記事の受注、せどりなど、都度都度取引きが発生する副業のことです。

 

メリット・デメリットをまとめると次の通りです。

メリットデメリット
ストック型
(継続的に収益が入る副業)
  • 収益を上げるまでに時間がかからない
  • 収益が安定しにくい
フロー型
(単発で収益をあげる副業)
  • 安定的な収益が見込める
  • 初期の営業活動だけで顧客が安定しやすい
  • 収益が上がるまでに時間がかかる
  • 継続的な営業活動が必要

 

ストック型は最初は時間がかかりますが、収益を確保するまでの仕組さえできてしまえば、時間を奪われることなく、安定収入を得ることができます。

 

ととのえ
時間の余裕がでれば、スキルアップに時間を使ったり、次の副業にアクションすることもできるので、持続的成長に繋がりますからね。

 

ストック型は単価を上げることがポイント

フロー型がダメかというと必ずしもそうではないです。

 

フロー型は機動性が高いので、すぐに始めることができますし、上手くいかない場合はすぐに辞めることもできます。辞める時の痛手もありません。

 

私もクラウドソーシングを使って単発で副業をしています。

 

でも会社員の場合は、本業で1日8時間以上は拘束されるケースがほとんどだと思うので、時間的な余裕が十分あるわけではないと思います。

 

単価が低い案件で数をこなすのは、疲弊に繋がるのであまりおすすめできません。

 

なので、フロー型はいかに高い単価の案件を獲得するかがポイントですね。

 

ととのえ

でもいきなりは難しいので、単価の低い案件で信頼を積み重ねたり、スキルアップをしながら、高い単価の案件にシフトするのがおすすめです。

 

副業は「順番」と「組み合わせ」が大事

ストック型とフロー型についてメリットデメリットの両面を解説しましたが、どちらか片方に絶対解があるわけではないんですよね。

 

つまり、「順番」「組み合わせ」が大事ということです。

 

順番を整理すると次の通りです。

  1. フロー型副業(単価の安い案件)
    まずは単価の安い案件で実績を積む、また副業に慣れる
  2. フロー型副業(単価の高い案件)
    ①の経験や実績をもとにチャレンジする
  3. ストック型副業
    ①②と同時並行で、ストック型副業の仕組を作ったり、必要なスキルを習得する

 

ととのえ
ストック型副業の収益が確立しても、単価の高い案件のフロー型副業は継続してやってもいいと思います。

 

副業を選ぶ

副業を選ぶ

次に「副業を選ぶ」というステップです。

 

ストック型とフロー型の2つのタイプの副業について、「収入」「難易度」の視点をもとに選んでいきましょう。

 

おすすめの副業を以下に整理しました。

 

ストック型の副業

月収目安難易度
YouTubeによる広告収入数千円~4,000万円
(平均:~10万円)
(5)
ブログ・アフィリエイトによる広告収入数千円~1,000万円
(平均:~10万円)
(5)
note販売数千円~1,000万円
(平均:~1万円)
(3.5)
電子書籍販売数千円~500万円
(平均:~10万円)
(4)
写真販売数千円~100万円
(平均:~10万円)
(3.5)

フロー型の副業

収入目安(月)難易度
クラウドワークス数千円~200万円
(平均:~10万円)
(3.5)
ココナラ数千円~200万円
(平均:~5万円)
(3.5)
タイムチケット数千円~200万円
(平均:~5万円)
(3.5)
ビザスク数千円~50万円
(平均:~10万円)
(3)

 

正直、どれも金額にかなり幅があります。

 

ととのえ
トップランナーになる覚悟があれば、どれも十分に生活していける収入を得ることができますし、お小遣い程度としておくこともできます。

 

それぞれの詳細については、後半で解説していますが、まず、一通り登録してみて、仕組をざっと把握し、自分がやれそうな案件があるかを確認することが大事です。

 

時間を確保する

時間を確保する

3つ目のステップは、副業に必要な時間を確保することです。

 

やるべきことは次の2つです。

  • 副業に必要な時間を算出する
  • 副業の時間を捻出する

 

副業に必要な時間を算出する

どれくらいの時間を副業にコミットするのかを決めましょう。

 

ととのえ
私の場合は、おおよそ週25時間、月100時間くらいです。

 

本業や家族の時間などのバランスを踏まえて考えましょう。

 

副業の時間を捻出する

時間を捻出するために、1日の時間の使い方を見直しましょう。

 

私は、次の工夫で時間を捻出しています。

  • 本業の時間を圧縮する
    仕事を効率化して、できる限り定時で帰ります。
    激務の場合はホワイト企業に転職しましょう。
  • プライベートの時間を圧縮する
    早寝早起きで時間あたりの生産性を最大化しましょう。
    SNS・Youtube・TVをやめてムダをなくしましょう。

 

副業の時間を作るための方法について、詳しく知りたい方は、【副業時間の作り方を徹底解説】時間なしに副業で稼ぐことはできませんをご覧ください。

 

 

サラリーマン(会社員)が副業を始める時の注意点

副業を始める時の注意点

会社員が副業を始める時に気を付けなければいけない注意点が大きく3つあります。

副業の注意点

  • 本業に支障をきたさないこと
  • 就業規則違反にならないこと
  • 所得を得たら納税すること

 

それぞれを順に解説します。

 

本業に支障をきたさないこと

これは本当に大前提ですが、本業に支障をきたさないことです。

 

会社も副業を認める条件に必ず本業に支障をきたさないことが必ず入っているはずです。

 

よくあるのが、睡眠不足で本業のパフォーマンスが下がったり、会社の機密情報を社外の人に話してしまうことですね。

 

ととのえ

本業も副業もどちらもしっかりと成果を出し合うことが、双方の仕事のレベルを発展させるうえで非常に大事なことだと思います。

 

就業規則違反にならないこと

就業規則違反になると懲罰の対象になる可能性があるので、必ず就業規則を確認するか、人事部に問い合わせをしましょう。

 

副業に関する規定が就業規則に定められていると思いますが、大きく次の3パターンになります。

  • 原則禁止
  • 許可
  • 推奨

 

それぞれにおいてやるべきことは次の通りです。

 

許可・推奨の場合

この場合は、問題なく副業ができると思います。

 

ただし、「本業への影響」や「守秘義務」に関するルールがあるので、人事部に必ず確認をして、申請を出してください。

 

原則禁止の場合

問題は「原則禁止」とされている場合です。

 

私がおすすめしているのは、原則禁止とされている場合であっても、上司や人事部に相談をして認めてもらうのが良いです。

 

まず、法律では、不合理に副業を禁止することはできません。

 

以下が法律です。

労働者は、業務時間外は、その時間を自由に利用することができる
労働者は、憲法に保障された「営業の自由」「職業選択の自由」があり、その職業を自由に選ぶことができる

 

でもだからと言って、「認めろ」とゴリ押しすると、確実に人事部から嫌われるので賢い選択ではないです。

 

ととのえ
副業をすることで、会社や本業にどんなメリットがあるのかを説明したうえで、謙虚な姿勢で取り組むことが大事です。

 

例えば、メリットは次の通りです。

  • 副業での経験やスキルアップが本業に役立つ
  • 副業で得た人脈が本業に活かせる
  • 副業で好きなことをすることで本業の活力に繋がる

 

ちなみに、黙って副業をやったらバレるのか?という点について、こちらの記事で詳しく解説してます。

関連記事

「会社で副業が禁止されてるけど、収入をもう少し増やしたい。副業が禁止でもバレずに上手くやる抜け道ってないのかな。」「人事に隠れてコソコソせずに副業を認めてもらう方法もあれば知りたい」 この記事では、こんな疑[…]

【人事が徹底解説】副業禁止の会社で副業をする抜け道【必読です】

 

所得を得たら納税すること

副業で所得を得たら、「所得税」「住民税」を収める必要があります。

 

自分で税務署に行って、確定申告をしましょう。

 

確定申告は「年間の所得が20万円を超えた場合」に必要となります。

 

副業に関する税金については、こちらの記事でまとめました。節税方法も解説しているので、副業を始める前にチェックしておくことがおすすめです。

関連記事

「副業を始めたはいいけど、税金のことが良く分からない。」「会社員(サラリーマン)が収入を得た場合の間違いのない納税方法を知りたい。」「せっかくなら上手く節税をして、できるだけ稼いだお金の手取りを増やしたい。」&nbs[…]

会社員(サラリーマン)向け副業の税金ガイド【節税方法も詳しく解説】

 

参考:「サラリーマン(会社員)×副業は本当に最強なの?

よく、「サラリーマン(会社員)×副業」が最強と言われていますが、必ずしも最強ではありません。

 

ある一定の”安定”を手にしながら、個人としての仕事を確立できるので、その点においては最強です。でも、時間的なゆとりがあるわけではないので、正直なところ悠々自適というわけにはいきません。

 

一方で、独立できるかというと、収入がゼロになる心配や、家族の理解が得られない、住宅ローンが組めないことをはじめ、結構ハードルが高いですよね。

 

なので、「サラリーマン(会社員)×副業」or「フリーランス・独立」という二者択一ではなく、両方の選択肢を適切な順番で組み合わせることが大事です。

 

こちらの記事で詳しく解説していますので、興味があれば読んでみてください。
≫「サラリーマン(会社員)×副業」って本当に最強なのか?答えはNO

 

 

サラリーマン(会社員)におすすめの副業(ストック型副業)

おすすめの副業(ストック型)

会社員におすすめの副業について、まずはストック型副業についてです。

  • YouTube
  • ブログ・アフィリエイト
  • note販売
  • 電子書籍販売
  • 写真販売

 

 

YouTube

Youtuberは今や小学生がなりたい職業ランキングで1位を獲得する存在です。

 

ご存じの通り、動画を配信して広告収入を得るという形の副業です。

 

平均1再生あたり0.1円の報酬が目安とされています。ちなみに最も稼いでいるFischer’sの月収は約4,000万円です。

 

ととのえ

夢がありますよね。

 

Youtubeの主なジャンル

  • スキルやノウハウ解説系(ビジネススキル、料理、写真の撮影方法など)
  • まとめ系(世界で最も恐ろしい生き物、トラウマになるほど怖いゲーム、世界のミステリーなど)
  • トレンド系(時事ネタ、タレントネタ、事件、ニュースなど)
  • 悩み解決系(ファッション、美容、ボディーメイクなど)
  • レビュー系(時短家電、子育てグッズ、在宅グッズなど)
  • ゲーム実況系(デッドバイデイライト、バイオハザードなど)
  • チャレンジ系(巨大ステーキ完食できるか、アフリカ縦断など)
  • 音楽系(ピアノ、ウクレレなど)
  • Vlog系(モーニングルーティーン、ルームツアーなど)

 

YouTubeの始め方

  1. 配信するジャンルやコンテンツを決める
  2. 動画編集スキルを身に付ける
  3. Gooogleアカウント、Youtubeアカウントを開設する
  4. YouTubeクリエイターツールでチャンネルを作成する
  5. 動画を撮影して配信する
  6. YouTubeパートナープログラムに加入し広告収入を得る

 

今、動画編集のオンラインスクールが増えてきているので、比較的スキルを身に付けやすいくなってきています。

 

5Gの時代で動画需要が高まっていることもあって、クラウドソーシングでは、動画編集の需要がかなり高くなってきています。

 

YouTubeに限らず動画編集スキルを身に付けておくと仕事を得やすい時代です。

 

こちらは、おすすめのオンラインで学べる動画編集スキルのスクールです。

オンライン動画スクールコース(期間):料金特徴
TechAcademy4週間プラン:149,000円
8週間プラン:199,000円
12週間プラン:249,000円
  •  現役動画クリエイターに週2回マンツーマンでメンタリングしてもらえる(1人で続かな人に手厚いプログラム)
  • Adobe社の公式サポートがあるプログラムで質が高い
デジタルハリウッドSYUDIO byLIGCREATION WORKターム(1ヵ月):50,000円
モーショングラフィッカー講座(1ヵ月):60,000円
動画エディター講座(1ヵ月):60,000円
クリエイター専攻(4ヵ月):350,000円
ディレクター専攻(3ヵ月):300,000円
  • 「編集スキル」だけではなく「企画」「動画マーケティング」までをプログラミングから本格的に学べる
MovieHacks期間制限なし(買い切り):69,800円
  • インフルエンサーやまもとりゅうけんさんのYoutube編集を担当する生ハム帝国さんが講師。
  • Brain開発者の迫佑樹さんが開発したプログラム
  • 98本の動画から学ぶことができ、LINE@にて無制限に質問サポートが可能

特にMovieHacksは、かなりコスパが高いです。

 

ととのえ

7万円は動画制作2,3件ほど受注すれば元が取れる金額です。

 

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトは、記事を書いてサイトにアップすることで、アクセスが集まると広告収入を得ることができるという副業です。

 

ブログをはじめて1年以内に、月に100万円を超える売り上げを出すブロガーもちらほらいます。

 

トップレベルは、月500万~1,000万円のスタープレーヤーもいますね。

 

有名なブロガー、アフィリエイター

 

ブログ、アフィリエイトの始め方

  1. 情報発信するジャンルやコンテンツを決める
  2. ブログをWordpressで開設する
  3. ASP(アフィリエイトサービス)と契約する
  4. 記事を執筆し公開する
  5. 広告収入を得る

 

note販売

「note」は、自分の経験やノウハウを手軽に共有できるサービスです。

 

記事の金額を自分で設定することができ、読者からの購読料で収入を得ることができる副業です。

 

WordPressのブログよりも機能がシンプルで、スタートのハードルが低いことが特徴です。

 

また、マガジンの発行も可能で、定期収入を得ることもできます。

 

noteのジャンル

  • くらし(グルメ、育児、健康、旅行、ペットなど)
  • まなび(教育、読書、デザイン、人文学など)
  • しごと(ビジネス、キャリアなど)
  • 社会(政治、サイエンスなど)
  • エンタメ(マンガ、芸能、ゲーム、スポーツなど)
  • テクノロジー(ガジェット、ITなど)
  • カルチャー(小説、恋愛、アートなど)

 

noteの始め方

  1. 記事にするジャンルやコンテンツを決める
  2. noteに登録してアカウントを開設する
  3. 記事を執筆し公開する
  4. 購読料を得る

 

noteのサイトを見てみる

 

電子書籍販売

電子書籍の販売はKindleストア以外にもiBooksなどがありますが、一番市場が大きいのは、Amazon です。

 

Kindleで収入を得る方法は次の2つがあります。

  • Kindleで電子書籍を販売して印税を得る
    印税率は最大で70%なので、紙の本の平均印税額8~10%と比較するとかなり高いです。
  • Kindle Unlimitedで分配収入を得る
    読者に読んでもらったページ数に応じて収益が発生する仕組みです。

 

Kindleの始め方

  1. 書籍にするジャンルやコンテンツを決める
  2. KDP(キンドルダイレクトパブリッシング)に登録する
  3. 著者/出版社情報を登録する
  4. コンテンツを執筆する
  5. 表紙を作成する
  6. KDPから出版する
  7. 印税収入を得る

 

Kindle ダイレクト・パブリッシングのサイトを見てみる

 

写真販売

自分で撮った写真を写真販売サイトに登録して、その写真を売ることによって収入を得る副業です。

 

収益は、写真販売サイトの価格から販売手数料を聞いた額を報酬として受け取ることができます。報酬の相場は、写真の販売価格の20~50%くらいです。

 

写真の販売価格は、例えば大手PIXTAでは、次の通りです。

  • S:660円
  • M:1,980円
  • L:3,630円
  • XL:5,500円

 

PIXTAの場合は、報酬率が22%なので、XLサイズが1枚売れると、5,500円×22%=1,210円の報酬を得ることができます。

 

写真販売の始め方

  1. 写真販売サイトに登録する
  2. 著作権や肖像権など、販売サイトに登録できる条件を理解する
  3. 写真を撮影し販売サイトにアップする
  4. 販売報酬を得る

 

写真販売サイト

写真販売サイト最低価格報酬率特徴
PIXTA660円22~42%国内大手
Shutterstock0.25ドル20~30%海外大手
スナップマート97円30~60%スマホ写真でもOK

大手2社が一番利用者も多いので、PIXTA・Shutterstockの利用が良いと思います。

 

 

サラリーマン(会社員)におすすめの副業(フロー型副業)

おすすめの副業(フロー型)

会社員におすすめの副業について、まずはストック型副業についてです。

 

こちらも順番に解説します。

 

クラウドワークス

クラウドワークス」はクラウドソーシングサービスで国内最大規模のサービスです。

 

インターネット上で仕事を受注し、それを納品することで対価を得て収入とする副業です。

 

仕事は200種類以上あります。

 

クラウドワークスの仕事カテゴリ

  • システム開発
  • アプリ・スマートフォン開発
  • ホームページ制作・Webデザイン
  • デザイン
  • ライティング・記事作成
  • ネーミング・アイデア
  • 翻訳・通訳サービス
  • ECサイト・ネットショップ構築
  • サイト運営・ビジネス
  • 事務・ビジネスサポート・調査
  • カンタン作業
  • 写真・画像・動画
  • 3D-CG制作
  • 音楽・音響・BGM
  • プロジェクト・保守運用メンバー募集
  • 暮らし・社会

 

クラウドワークスの始め方

  1. クラウドワークスのサイトに登録する
  2. プロフィールを入力する
  3. 仕事を探して応募する
  4. 発注者と業務内容を確認して契約をする
  5. 業務を行い納品する
  6. 報酬を受け取る

 

クラウドワークスに無料登録する

 

クラウドワークスの報酬単価

クラウドワークスの報酬単価のイメージは次の通りです。

クラウドワークスの報酬単価

プログラミングによるアプリ開発や動画編集は需要が多いので、単価が高いです。インバウンドで翻訳も単価が高いですね。

 

先ほど紹介した「動画編集スキル」「プログラミングスキル」を身に付けると収入アップに繋がりやすいです。

 

プログラミングスキルの身に付け方

プログラミングスキルを身に付けるために、まずは学ぶ言語を決めましょう。

 

学ぶべき言語ですが、難易度が易しめなのがWeb制作用の言語です。

[Web制作用の言語]
HTML、CSS、JavaScript、Ruby

 

高報酬を狙うなら、やや難易度は上がりますが、スマホアプリ開発用の言語です。

[アプリ開発用の言語]
Java、Kotlin、Swift

 

未経験からプログラミングを学ぶのであれば、独学よりもオンラインスクールで学んだ方が短時間で確実に習得できます。

 

オンラインスクールで受講者数が一番多いTechAcademyが良いと思います。

 

いきなり学び始めるのはハードルが高いので、プログラミングについてざっと理解するために「TechAcademy 無料体験」を受けてみるのがおすすめです。

 

ココナラ

ココナラ」は自分の知識・スキルを500円から販売できるサイトです。

 

自分の持っているスキルをサービスにして提供することで報酬を得る副業です。

 

ととのえ

かなり多くのサービスが販売されており、はじめやすいと思います。

 

カテゴリージャンルは以下の通りで、どのカテゴリでも100を超えるサービスが登録されています。

 

ココナラのサービスジャンル

  • イラスト
  • 似顔絵・漫画
  • 音楽
  • ナレーション
  • ライティング
  • ネーミング
  • ビジネスサポート
  • 代行
  • 集客
  • Webマーケティング
  • 占い
  • 恋愛
  • 結婚
  • キャリア
  • 就職
  • 資格
  • 学習
  • 趣味
  • エンターテイメント
  • マネー
  • 副業
  • アフィリエイト

金額は、1件500円からで、最高金額は500,000円までと幅広くあります。

 

ココナラの始め方

  1. ココナラのサイトに登録する
  2. サービスメニューを見て自分にできそうなジャンルを選ぶ
  3. プロフィールを入力する
  4. ②を商品化して販売
  5. 依頼者と内容を確認して契約をする
  6. 業務を行い納品する
  7. 報酬を受け取る

 

ココナラに無料登録する

 

タイムチケット

タイムチケットは、個人の時間を30分単位で「チケット化」して、相手にサービスを提供することで、対価として収入を得ることのできる副業です。

 

実際に会ってサービスを提供することもあれば、SkypeなどのWebでのやりとりのものもあります。

 

タイムチケットのチケット内容

人気のチケット

  1. 好きな場所で働けるフリーランスへ正攻法で3ヶ月養成コース(定額/495,000円)
  2. かわいい彼女を「100%」作るPairs攻略45ステップ(定額/151,000円)
  3. マッチングアプリ用写真撮影プロフ添削・恋愛相談もOK(60分/15,000円)
  4. 【脱社畜】【自動で】月収100万円稼ぐまで絶対サポートコース(定額/380,000円)
  5. 写真が苦手な方、満足いくまで撮影♪Pairs用にも好評!(60分/12,000円)
  6. 2019年最新SEO&売れるサイトにするプロの戦略を教えます(60分/20,000円)
  7. 【再現性高】1,000万円以上を得られる資産形成術!(90分/30,000円)
  8. マッチングアプリでモテる写真撮りませんか?(定額/10,000円)
  9. FX【投資の世界の3S政策】限定🈲特別コーチング(定額528,000円)
  10. 【企業提携】本気で副業するなら月1,000万を目指そう(定額119,000円

引用:タイムチケット全期間ランキング

 

こんなチケットもあります

  • 何でも相談に乗ります
  • 事業開発の相談に乗ります
  • キャリアの相談に乗ります
  • 1人で生きづらいイベントに一緒に行きます

 

タイムチケットの始め方

  1. タイムチケットのサイトに登録する
  2. サービスメニューを見て自分にできそうなジャンルを選ぶ
  3. プロフィールを入力する
  4. サービスを作って販売する
  5. サービスを提供して報酬を受け取る

 

タイムチケットに無料登録する

 

ビザスク

ビザスク」は、自分の経験やスキルを活かしてスポットコンサルティングをすることで、対価として報酬を得る副業です。

 

300以上の分野があり、1時間単位から取引することができます。

 

電話やZoomなどを使ったやりとりが中心なので、手間がかかりにくいサービスです。

 

平均謝礼金額は15,000円です。指名された案件では30,000円以上も珍しくないので、単価が高く稼ぎやすい副業です。

 

ととのえ

費用対効果が良いので、私はけっこう頻繁に使ってます。おすすめです。

 

ビザスクの内容

  • 起業/開業(飲食店開業に関するヒアリング、ユーザーインタビューなど)
  • ハウツー(転職、人事制度設計、Webマーケティングなど)
  • トレンド(AI導入、インスタマーケティング、広報立ち上げなど)
  • 業界調査(化粧品企画、飲食店メニュー開発など)

 

ビザスクの始め方

  1. ビザスクのサイトに登録する
  2. プロフィールを入力する
  3. 依頼者と内容を確認して契約
  4. 電話などでアドバイスを行う
  5. 報酬を受け取る

 

会社員をやっていると必ず、その領域の専門知識が身に付いているはずです。

 

その領域についてアドバイスをしたり、ヒアリングへの対応をするだけで収入を得ることができるので、かなり始めやすいです。

 

ビザスク特徴や評判・口コミについてこちらの記事でまとめています。
≫【ビザスクの評判と口コミ】結論:ビザスクは会社員に超おすすめです

 

ビザスクに無料登録する

 

まとめ:サラリーマン(会社員)向け副業の始め方

まとめ:会社員向け副業の始め方

今回の記事では、会社員向けに次の3つを解説してきました。

  • 副業を始める3つのステップ
  • 副業の注意点
  • 会社員におすすめの副業

 

結構がっつりとしたボリュームのある内容だったので、最後に要点をまとめます。

 

サラリーマン(会社員)が副業を始める3つのステップ

  1. 目的を明確にする
    「好きなこと、スキルアップ、経済的余裕を増やす」この3つのバランスを取って目的を決めることが大事。
  2. 副業を選ぶ
    フロー型から始めストック型にシフトすることが大事
  3. 時間を確保する
    必要時間を算出し、その時間を捻出する。本業の時間の圧縮と、朝&スキマ時間の活用が成功に必須。

 

サラリーマン(会社員)の副業の注意点

  • 本業に支障をきたさないこと
    本業のパフォーマンスを落とすことはご法度
  • 就業規則違反にならないこと
    就業規則を必ず確認し副業の届け出をすること
  • 所得を得たら納税すること
    所得が年間20万円を超えたら確定申告をすること

 

サラリーマン(会社員)におすすめの副業

ストック型の副業

  • YouTube
  • ブログ・アフィリエイト
  • note販売
  • 電子書籍販売
  • 写真販売

 

まずは、フロー型の副業サービスに登録して使ってみるとイメージが付きやすいと思います。

 

長くなりましたが、この記事は以上です。

 

副業を始める第一歩を踏み出すことにお役立てできていたら幸いです。